カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

交流戦惨敗締め…貯金6で開幕も今季ワースト借金2、負の記録ズラリ

2022年6月12日

交流戦惨敗締め…貯金6で開幕も今季ワースト借金2、負の記録ズラリ

交流戦(6月12日、カープ0-11西武、ベルーナドーム)

広島は12日の西武戦も0―11で惨敗し、既に3季連続最下位(20年は中止)が決まっていた交流戦を5勝13敗で終えた。

勝率・278は球団史上最低だった昨季・200(3勝12敗3分け)に比べて、わずかに上でも、13敗は18試合制になった15年以降では、15年DeNAの14敗(3勝1分け)に次ぎ、16年オリックス(5勝)と並んで2番目の最多敗戦。

貯金6を持って迎えた今季もやはり“鬼門”で大失速し、今季ワーストの借金2まで後退した。

先発を任されたドリュー・アンダーソン投手(28)が2回に押し出しを含む4四球を与える乱調。3回も四球後に被弾のパターンを2度繰り返した。初回を含めた計3被弾は来日最多、6失点は先月29日のソフトバンク戦と並んで来日ワースト、2回2/3は来日最短での降板だった。

3番手でプロ初登板したドラフト2位・森翔平(24)も2回1失点で、5回までで毎回10失点に沈んだ。

打線も散発3安打で、今季7度目の零敗。交流戦だけで5度目を数え、18試合制になった15年以降では16年オリックスと並ぶ最多零敗の屈辱だった。

交流戦を振り返れば、先発陣は床田2勝、九里1勝、遠藤1勝、野村1勝の計5勝。

本来の“表ローテ”として期待された大瀬良、森下、アンダーソンは1勝もできずに終わった。攻撃陣も33得点&2本塁打は18試合制になった15年以降では16年阪神の44得点&3本塁打を下回り、最少記録を更新した。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

大瀬良、斎藤に続き札幌でスター斬り!吉田と対決「勝つために来た」

大瀬良、斎藤に続き札幌でスター斬り!吉田と対決「勝つために来た」

広島の大瀬良大地投手(27)が10日、“スターキラー”として12日の日本ハム戦(札幌D)でマッチアップ予定の吉田輝星投手(18)に投げ勝つと誓った。 札幌市内で遠投などで調整後、甲子園のヒーローとの対 …

カープに募る危機感「日本一になれない…」、千賀・高橋礼を崩せず

カープに募る危機感「日本一になれない…」、千賀・高橋礼を崩せず

交流戦(6月8日、カープ2-4ソフトバンク、マツダスタジアム) 広島がソフトバンクに連敗して2カード連続負け越しが確定し、1カ月ぶりに3連敗となった。 5月は球団の月間勝利記録を塗り替える20勝4敗1 …

交流戦最下位&リーグV率0%ピンチ…中崎、延長11回4失点で陥落

交流戦最下位&リーグV率0%ピンチ…中崎、延長11回4失点で陥落

交流戦(6月18日、カープ2-6ロッテ、マツダスタジアム) 無残なまでに打たれ続けた。延長11回、中崎は清田に勝ち越し打を浴びると、鈴木、高浜にも適時二塁打を許し、一挙4点を失った。緒方監督は「ザキ( …