カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

スピードガンには、コツがあった!山本昌が最高球速の出し方を伝授?

2022年6月13日

スピードガンには、コツがあった!山本昌が最高球速の出し方を伝授?

ロッテ・佐々木朗希が自己最速の164キロを記録したのは、今年3月27日の楽天戦のこと。5月21日には自己最速タイを5球も数えており、記録更新は時間の問題だ。では、日本プロ野球界の歴代最高球速ランキングはというと、1位が巨人チアゴ・ビエイラの166キロ、2位は日本ハム時代の大谷翔平と、広島ロベルト・コルニエルの165キロ、それにロッテの佐々木朗希とソフトバンクの千賀滉大が164キロで続いている。

さて、プロ野球にスピードガンが導入された80年代、球速150キロを超えるピッチャーはそうそういなかった。そんな中、中日のエースとして活躍した小松辰雄の150kmのストレートは、ブラウン管越しでも「恐ろしく速い」と感じたものだ。野球中継でも速度表示され、小松投手は「スピードガンの申し子」と呼ばれた。

そこで議論になるのが、“スピードガン以前”の球速である。400勝投手の金田正一は150キロ以上出ていた、いや、奪三振王の江夏豊の方が速度は上だった、それを言うなら全盛期の江川卓…といった話がプロ野球ファンの間で今なお行われているが、その論争には名前がのぼらない通算219勝の大投手がいる。

元中日のエース左腕・山本昌投手である。東海テレビのYouTubeチャンネル〈【東海テレビ公式】ドラHOTpress〉の6月6日付投稿回に出演した山本氏曰く、

「人生最速は143kmっていうのを東京ドームで投げた記憶があって、現役時代にスピードガンだけ出す投げ方を編み出したんだよね。(中略)グ〜って腕に力入れてから投げるとガン(速度)だけは出るんだけど、棒ダマなんだよね。そういう時に限って打たれるの。(中略)たまにね、今日全然スピードガン出ねえなって時は、試合中でも『う〜りゃ〜!』って投げて、今日のマックスみたいなボール球投げて…」

まるでカラオケで100点を取るみたいな、そんなコツがスピードガンの計測にもあったようだ。(ユーチューブライター・所ひで)

(※引用元 Asagei Biz

関連記事

前田健太を「1度大声で怒った」!元広島コーチが新人育成方針を告白

前田健太を「1度大声で怒った」!元広島コーチが新人育成方針を告白

元広島東洋カープの山内泰幸氏がYouTube『プロ野球OBクラブチャンネル』で、ミネソタ・ツインズの前田健太投手の新人時代について語った。 ■山内氏が野村氏とトーク 現役時代巨人キラーとして名を馳せ、 …

今季まで契約の前田健太に電撃『日本球界復帰』がささやかれる理由?

今季まで契約の前田健太に電撃『日本球界復帰』がささやかれる理由?

新井貴浩監督率いる広島が快進撃を続けている。広島は8月31日の巨人戦(岐阜)に0-2と敗れ、連勝は4でストップ。しかし3連戦を勝ち越し、首位阪神とは5・5ゲーム差の2位といい位置をキープしている。 ま …

今なら年俸4億超え!?元広島・高橋慶彦の「大変貌の秘密」動画回顧

今なら年俸4億超え!?元広島・高橋慶彦の「大変貌の秘密」動画回顧

主に広島カープで活躍した元プロ野球選手・高橋慶彦氏と言えば、1974年にドラフト3位で広島入団。シーズン4年目の78年に129安打で初の100安打超えを達成すると、以後、12年連続で3ケタ安打、80年 …