カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島OB・野村謙二郎氏、広島大を初指導!客員教授として座談会も…

2022年6月15日

広島OB・野村謙二郎氏、広島大を初指導!客員教授として座談会も…

広島OBで元監督の野村謙二郎氏(55=本紙評論家)が、今月1日に広島大スポーツセンター客員教授に就任して以降初めて学生と交流し、約60分間の座談会を実施した。同大の体育会学生が参加し、オンラインで受講する学生もいた。

野村氏は17年に広島大に入学。大学院教育学研究科で2年間スポーツコーチング論を学んだ経験をもとに「こういう考え方で失敗したということを伝え、遠回りしないように手助けしてあげるのがコーチング論だと思う」と説き、さまざまな部活に所属する学生からの質問に答えた。

座談会では「控え選手への対応」や「大学からの協力を得る方法」などについての質問を受けた。

野村氏は「僕の意見が全てではない」と前置きした上で議論を交わし、「広島大学を体育会の学生が引っ張って明るいキャンパスとなるように、協力して手助けをしたい。非常に有意義な時間になりました」と振り返った。

座談会後には同大の硬式野球部アドバイザーとして初指導。降雨のため屋内で行われた練習を約60分間見守り、練習方法やキャッチボールの大切などを説いた。

主将の紅林輝希さんは「(チームづくりは)トップダウンでやるべきか、下からの意見も吸収するべきか」と質問。「“どのような方法でもチームとして決め事を守ることが必要”と教えていただいた。練習では基礎や基本を徹底する必要性を感じた」と感謝した。

野村氏は今後も定期的にグラウンドを訪問して指導する予定。「すぐにうまくなることはないが、上達するためにコツコツと一つのことを根気強く、辛抱強く取り組んでほしい」とエールを送った。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

『鉄人』衣笠祥雄氏が死去、2215試合連続出場、国民栄誉賞も受賞

鉄人・衣笠祥雄氏が死去…2215試合連続出場、国民栄誉賞も受賞!

広島で活躍し、2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄氏が死去したことが24日、関係者の話で分かった。71歳。京都府出身。 衣笠さんは、1965年に広島に入団し、68年から一軍に定着。1987 …

誠也とオリンピックで金メダル誓う!侍・稲葉監督、広島キャンプ視察

誠也とオリンピックで金メダル誓う!侍・稲葉監督、広島キャンプ視察

侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)は9日、日南市の広島キャンプを視察し、4番最有力の鈴木と金メダルを誓い合った。 プレミア12は不動の4番でMVPに輝き、10年ぶりの国際タイトルとなる優勝に導いた。大会 …

阪神ファン「基準適当すぎ」SNS上で不満…降雨コールドについて

阪神ファン「基準適当すぎ」SNS上で不満…降雨コールドについて

広島が5回降雨コールドでDeNAを下し、先勝。アドバンテージの1勝を含み2勝0敗とした。5回終了時に雨あしが強くなり中断。30分以上中断したが回復が見込めないと判断し、5回降雨コールドゲームとなった。 …