カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

佐々岡監督、貧打打開に期待「チームで1つ束になって」交流戦の屈辱

2022年6月17日

佐々岡監督、貧打打開に期待「チームで1つ束になって」交流戦の屈辱

交流戦の屈辱をはね返せ!広島は17日、首位ヤクルトとの3連戦(神宮)でリーグ戦を再開する。交流戦は5勝13敗で開催3年連続の最下位に沈んだが、佐々岡真司監督(54)は「もう1度、チームで1つ束になって」とナインにゲキ。93年以来の開幕6連勝でダッシュに成功した再現を目指し、まずは10・5差で追うツバメ退治で勢いをつける。

パに食らった屈辱はセで晴らす。佐々岡監督が、17日のリーグ戦再開を前に、開催3年連続最下位となった交流戦の悔しさを言葉にした。「交流戦はなかなか(打線が)つながらなかった。リーグ戦はつないで、つないでという形になる。交流戦の悔しさをバネにして」。交流戦ワースト記録となった18戦33得点の貧打打開を期待する。

取り戻したいのはあの頃の勢いだ。今季開幕カードは横浜に3連勝。続く阪神にも3連勝を決め、93年以来で球団記録に並ぶ開幕6連勝を果たした。6連勝中は4度の逆転勝利。劣勢もはね返してきた。「開幕のときのような、もう1度チーム1つで束になって(戦ってほしい)。(開幕時は)横浜スタジアムで手をつないで、スタートした。その気持ちをもう1度思い出してやっていこうと話をした」。開幕戦は試合前に、監督、コーチ、選手、スタッフら全員で手をつなぎ、ロッカールームで気持ちを奮い立たせた。

あのときの原動力は、開幕前に評論家陣などに軒並み下位予想にされた悔しさだった。今回は惨敗した交流戦への悔しさ。熱いものがこみ上げてくるのは変わらない。

首位ヤクルトまで今季最大10・5差ある。借金も今季最多の「2」となった。それでも開幕時の蓄えもあり、リーグ順位は3位。リーグ戦で再度、エンジンをかける。“開幕”ダッシュよ再び-。(前山慎治)

○…野手主将の広島野間がチームを鼓舞する。5月後半に1軍再合流。交流戦は16試合に1番で出場し、打率2割9分とまずまずの成績を残した。下半身コンディション不良の西川がリーグ戦に間に合わず、打線の穴は大きい。「龍馬がいつ帰ってくるか分からない。みんなでやっていくだけ。僕も周りを見ながら元気を出して毎試合、毎試合必死になってやっていく」。野手主将が打線もチームもけん引する。

○…今季全64試合で5番を任されている広島坂倉が得点力向上を誓った。得点圏打率3割5分はチームトップでリーグ2位タイ。「どういう状況で(打席が)回ってくるかは分からないが、回ってきた状況で良い仕事をできるように。練習もできたし、休みももらえてリフレッシュもできた。(切り替えの)良い節目」。今季2本塁打と相性の良いヤクルト戦に向かう。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

栗林&坂倉がブレーク、小園&林が一本立ち!次々に台頭する若鯉たち

栗林&坂倉がブレーク、小園&林が一本立ち!次々に台頭する若鯉たち

栗林らルーキー3投手が戦力に、高卒2年目の玉村は4勝をマーク 2016年からセ・リーグ3連覇を飾った広島は今季63勝68敗12分で4位。3年連続Bクラスに甘んじた。しかし、ドラフト1位の栗林良吏投手が …

菊池、野生の勘が源!ヒット3本の価値がある守備/職人のプライド

菊池、野生の勘が源!ヒット3本の価値がある守備/職人のプライド

誰もが認める職人と言えば、菊池涼介だ。守る範囲は広大。また強肩によって幾多の併殺を完成させる。その二塁守備は「忍者」とも形容される。1球ごとに位置取りを変えながら、安打と思われた打球を平然とさばく。 …

誰もが認める西川龍馬の天才的打撃力、カープの外野手争いが面白い!

誰もが認める西川龍馬の天才的打撃力、カープの外野手争いが面白い!

広島の“新しい外野手”がチーム内競争を刺激している。巨人から丸佳浩の人的補償により新加入した長野久義だけではない。昨年まで三塁を主戦場とし、今季も内野手登録の西川龍馬もまた、広島に加わった“新しい外野 …