カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

代打・松山、延長12回にV犠飛!開幕6連勝以来の5連勝で借金0に

2022年6月26日

代打・松山、延長12回にV犠飛!開幕6連勝以来の5連勝で借金0に

公式戦(6月26日、カープ4-3DeNA、横浜スタジアム)

広島が、延長12回に代打・松山竜平外野手の決勝犠飛でDeNA相手に同一カード3連勝を飾った。3―3同点で迎えた最後のイニング。先頭の代打・羽月が一塁線を破る二塁打を放ち、野間の犠打で1死三塁。36歳のベテランがきっちり仕事を果たした。

土壇場で勝利をもぎとった。2点リードで終盤を迎えながら、8回に森浦が1失点で1点差に詰め寄られ、9回は守護神・栗林が簡単に2死を取りながら、桑原の四球の後、佐野に同点の適時二塁打を浴び、23日の阪神戦(マツダ)に続く今季3度目のセーブ失敗。

それでも勝ち越しは許さず、6連戦で3度目の延長戦となった10回以降はケムナ、ターリーが無失点リリーフ。12回は矢崎が無失点。ターリーが来日初勝利で、矢崎がプロ初セーブ。チームで栗林以外の投手がセーブを挙げるのは、守護神が入団前の20年11月10日のヤクルト戦(神宮)のフランスア以来だった。

先発・九里は、初回先頭・蝦名の死球から先取点を献上したが、踏ん張った。2回1死二、三塁のピンチを切り抜け、7回108球を投げ、6安打1失点。今季13登板目にして、初の無四球投球だった。

打線も序盤はDeNA先発・京山に苦しんだが、マクブルームの一打で試合をひっくり返した。0―1の6回1死二、三塁から逆方向へはじき返した打球は、風にも乗って右翼の頭上を越える2点二塁打。

4番の助っ人は、その前の2打席で中前打、遊撃内野安打を放ち、8回の打席でも左前打。猛打賞、4安打はともに5月8日DeNA戦(マツダ)以来、来日2度目だった。8回には1死二、三塁から小園のスクイズで追加点を奪っていた。

これで1分けを挟んで5連勝は、開幕6連勝以来の今季2度目。6月10日以来、16日ぶりに借金0となった。抜群の相性を誇るDeNA戦は、これで敵地6戦全勝を含めて11勝1敗。今季9勝2分けで、いまだ無敗の阪神と2チームに対して貯金19と荒稼ぎしている。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

広島5連勝!佐々岡監督「偶然といえるが森下が勝って栗林が抑えた」

広島5連勝!佐々岡監督「偶然といえるが森下が勝って栗林が抑えた」

公式戦(10月10日、カープ3-1巨人、マツダスタジアム) 広島が巨人を下し、5連勝を飾った。先発の森下が7回無失点で今季7勝目(7敗)&栗林が今季31セーブ。佐々岡監督の主な一問一答は以下の通り。 …

神様、仏様、栗林様!カープを救う『スーパーセーブ』、無失点継続!

神様、仏様、栗林様!カープを救う『スーパーセーブ』、無失点継続!

公式戦(5月8日、カープ4-3中日、バンテリンドーム) 広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)が、8日の中日戦で、見事な救援を見せた。 8回に登板した塹江の制球が定まらず、3連続四球で …

逆転、連敗6でストップ!7回3者連続タイムリー、新井さんひと安心

逆転、連敗6でストップ!7回3者連続タイムリー、新井さんひと安心

公式戦(9月12日、カープ7-2DeNA、マツダスタジアム) 広島は同点の7回、クリーンアップの3者連続タイムリーでDeNAに逆転勝ちし、連敗を6で止めた。 カープ打線がようやく目を覚ました。 1―1 …