カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

驚いた、17打席連続無安打…広島入りの秋山が苦労している『理由』

2022年7月14日

驚いた、17打席連続無安打…広島入りの秋山が苦労している『理由』

驚いた。広島に入団した秋山翔吾が、12日のDeNA戦で4打数4三振。NPB、MLBを通じて12年目で初の屈辱だという。そのうち3三振が見逃し。手が出ないというより、タイミングが微妙にずれている印象だった。

西武時代の15年に日本歴代最多のシーズン216安打をマーク。面白いようにヒットを量産していた希代の安打製造機が苦しんでいる姿に、驚いた。

日米の違いに悩んでいるのかも知れない。よく言われるのが、外国人投手には「ため」がないというもの。日本人投手は下半身主導で体重移動をする際に「1、2の3」の間がある。しかし上半身の力で投げてくる外国人には間がなく、投球フォームのテンポが早い。

その動きに合わせつつ、手元で動く球にも対処しなければならない。大リーグで日本人野手が苦労する理由の一つだ。

加えて秋山はレッズに移籍して昨季まで2年間で0本塁打。契約最終年の今季に向けて「(打撃を)変えなきゃいけないというより、変わらなかったら終わり。(結果を)出さなければ行く先はないという覚悟はある」と、少しでも飛距離を伸ばすべくパワー重視の打撃も模索した。

そこから日本球界に復帰し、かつての西武時代の打撃に戻すのか。きっと言葉で言うほど簡単なことではないに違いない。

秋山は翌13日も3打数ノーヒット。新天地デビューだった8日の中日戦で2安打を放ったが、以降は17打席連続無安打となった。打率・111。必要なのは何か。時間か、きっかけか。34歳が這い上がる姿を見たい。(鈴木勝巳)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

大瀬良、自主トレを公開「同じようなことをやっていても成長はない」

大瀬良、自主トレを公開「同じようなことをやっていても成長はない」

広島・大瀬良大地投手(28)が6日、マツダスタジアムで自主トレを公開し、ランニング、キャッチボールなどを行った。 2年連続の開幕投手に向け、新たな取り組みとして2段モーションをやめる考えを明かしており …

永川勝浩がマツダスタジアムで引退会見、捕手にも感謝「心強かった」

永川勝浩がマツダスタジアムで引退会見、捕手にも感謝「心強かった」

今季限りでの現役引退を表明している広島永川勝浩投手(38)が23日、マツダスタジアムで引退会見を行った。背番号20に身を包み会見場に姿を見せると「大学を卒業して野球をやって来ましたけど、今年で引退をし …

ベテラン・石原慶幸、19年目開幕信じて「僕自身もっと進歩したい」

ベテラン・石原慶幸、19年目開幕信じて「僕自身もっと進歩したい」

広島・石原慶幸捕手(40)が22日、本拠地で野手分離練習に参加し、見えない開幕に向けて汗を流した。新型コロナ禍の影響で難しい調整を強いられながら、自らを律して年齢に抗う19年目。同班には19歳年下の坂 …