カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

『魔の8回』問題をどうするか…今村猛が期待する中﨑翔太の完全復活

2022年7月14日

『魔の8回』問題をどうするか…今村猛が期待する中﨑翔太の完全復活

“魔の8回”――

今シーズンのカープを象徴するような言葉として、ネット上で多く見かけます。抑えの栗林良吏選手に繋ぐ投手がなかなか決まらず、13日現在で8回のイニング失点数は54と最多……。一時に比べて落ち着いてはきましたが、かなり苦しんでいます。

カープの中継ぎ陣を見てみると、球自体の質は良いものを持っている選手が多いですが、やはり全体的にコントロールに不安があるのかなと。逆に言えば、そこさえレベルが上がれば誰でも8回を投げられると思っています。

僕も元々コントロールが良いかと聞かれるとわからないですが、自己満足で投げるのではなく、打者をいかに抑えるかを考えるのが大事な気がします。みんなコンディションが毎回良いわけではありません。だからこそ、そうじゃないときに「自分がこう投げたい」だけでボール、ボールになるよりも、どうやって自分のプレーを日によって変えられるか。もちろんストライクを狙ってボールになっていることもあると思いますが、投げたいままで四球を出すより、もっと工夫だとか、ちゃんと野球をやろうという姿勢があればいいのかなと。そこができたらもっと簡単にいく気がしています。

そういったところで、やはり期待したいのは中﨑翔太選手です。

最初は弟みたいな存在だったが…

中﨑選手は僕の1学年下で、鹿児島生まれの同じ九州出身というのもあり、個人的には親近感があって、入団時は嬉しかったのを覚えています。ただ、1年目の中﨑選手は強化指定選手だったので、シーズン中はほとんど絡みがありませんでした。

いろいろ喋るようになったきっかけは、翌13年の1月に宮崎県・日南市で行った先乗り自主トレでした。野手陣は東出輝裕さん(現野手総合コーチ)など何人もいたんですが、投手は自分と中﨑選手の2人だけ。ずっと一緒に練習していたので、自然と仲良くなりました。

最初は弟みたいな存在だったのですが、お互いに一軍でプレーしていく中で、自分がセットアッパー、彼が抑えというポジションになり、段々ともう1個下とか年齢も関係なく対等な立場というか、良き友人のような存在になっていました。

そして、たまたま家も近所というのもあって、移動の新幹線とかも時間を合わせていましたし、優勝旅行の番組ロケなど、たくさんのイベントを一緒に過ごしていました。

彼は今もそうだと思うんですけど、野球のネットニュースなんかをたくさん読んでいて、自分がわりとそういったことに無頓着だったので、移動中などは他球団の選手の記録とか、成績だとかを「これ知ってますか?」と、よく教えてもらっていたのを覚えています。

「変わったな」と思った瞬間

中﨑選手の変化を感じたのは14年でした。自分が二軍にいた間に、彼は抑えになっていて、一軍に戻った時に「雰囲気が変わったな」と。チームの中心に近いところにいて、どんどん野球が上手くなっていました。

同時にメンタル的な部分も変化があったと思います。マウンドにいるときの表情とそれ以外のときの表情の違いは、ファンのみんなも感じていたことでしょう。「なんか引き締まってるな」と。ヒゲとかもそうですよね。気持ちを入れるというか、雰囲気作りを彼なりにやっていたんだと思います。

ずっと試合をやっている中で、毎回気合いを入れて投げるのは当然ですが、どうしても気合いが入らないときもあるんです。たとえば急に投げないといけないときなんかは、体も心も準備ができていない状態。でも逆に準備をしていない分、どうにでもなれという気持ちになれて、成功することもあります。

あとは、チームからしたら良いことなんですけど、味方の攻撃が長いときも意外と難しいんです。気持ちを高めて最高潮でマウンドに向かいたいんですけど、相手の投手交代が挟まったりとかすると、それが落ちてくるというか。そういうときは「なんか気合いが入っていないな……」と思いながら投げていることもありました。たぶんこれはみんなそうだと思います。

中﨑選手の場合は、それを出さないように、相手に見せないようにしていく中で、表情に表れたのかなと思います。

ちなみに、自分は対象的にあまり表情には出さないタイプでした。高校時代に「淡々と投げなさい」とコーチに言われたのがきっかけで、元々はわざとやっていて、後々それが当たり前になっていきました。

なんというか、みんな打者を抑えたときは「よっしゃ!」ってなるじゃないですか。でも僕はそうではなく、「あっ、抑えた」とホッとしてしまうんですよね。気持ち的に高ぶるというよりも落ち着いていたのもあって、そういうスタイルになったんだと思います。

打たれたときなんかは、ロッカーに帰るともちろん悔しいんですけど、マウンドにいる限りは出さないようにしていました。

あの頃の中﨑選手が帰ってきた

中﨑選手は19年に右膝、20年に右腕を手術した影響もあり、ここ数年は思うようなプレーができていませんでした。リハビリも大変だったと思います。手術後に傷跡を見せてもらいましたが、正直なんて声をかけてあげたらいいかわかりませんでした。利き手を手術するというのは、すごく勇気がいることですし、いろいろ辛いこともあったと思います。それでも決断して、リハビリなど頑張っている姿を見て、凄いなと。でも、彼ならできるだろうと思っていました。迷いのなさと、野球への取り組む姿勢は彼の尊敬できるところでしたから。

そんな中﨑選手がようやく完全復活を遂げようとしています。

今シーズン、春季キャンプで中﨑選手はかつてのような力強いストレートを投げ込んでいました。その姿を見て、あの頃の中﨑選手が帰ってきたな……と嬉しくなりました。

彼は投げること以外も、フィールディングだったり、配球だったりも上手な投手。3連覇したときの経験もありますし、カープに絶対必要な戦力です。

5月に登録抹消になったときも、ちょっとしたズレだったはずです。それにキャンプで20歳前後の若手と同じようにやっていたら、もう30歳ですから、疲れ方とかも違うでしょうし、それが出てきたんだと思います。なので、疲れが抜けたらすぐに一軍に戻ると思っていました。

あとは成績を残すだけだと思います。自分のペースで自分がやりたいようにやってほしいですね。無理せず、普通にやれれば他の中継ぎ陣には負けないはずですし、抑えの栗林選手も脅かす存在になると思います。今はなかなか会えない状況なので、画面上で見て応援しています。

(※引用元 文春オンライン

関連記事

メジャーはなぜ?鈴木誠也は年俸3億円から4年70億円に爆上がり!

メジャーはなぜ?鈴木誠也は年俸3億円から4年70億円に爆上がり!

プロ野球はオフシーズンのストーブリーグから自主トレ、2月のキャンプインに向かうなか、去就を注目されているのが広島の鈴木誠也だ。ポスティングシステムでメジャーリーグへの移籍を目指しているが、MLBは選手 …

野村謙二郎氏に激白「個人成績ではない…」/堂林インタビュー(上)

野村謙二郎氏に激白「個人成績ではない…」/堂林インタビュー(上)

広島の堂林翔太内野手(29)が元広島監督で本紙評論家の野村謙二郎氏(54)の直撃に答え、「強いカープの一員として優勝に貢献したい」と誓った。昨季は地道な努力が実って眠れる才能が開花し、自己最高の成績。 …

田中の『スタメン固執』に募るファンの不満「過去の実績だけでは…」

田中の『スタメン固執』に募るファンの不満「過去の実績だけでは…」

広島東洋カープ・田中広輔の不振が続いている。セ・リーグ3連覇の黄金時代にリードオフマンとして打線を牽引してきた男が苦境を迎えている。 2021年4月19日現在で打率.159、1本塁打、1打点、0盗塁。 …