カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

課題だった堂林の一本立ち、名打撃コーチが『指導できなかった』理由

2022年7月16日

課題だった堂林の一本立ち、名打撃コーチが『指導できなかった』理由

広島は「長打の打てる三塁手」の育成が至上命題だった

オリックス、ソフトバンクで打撃コーチ、2軍監督を務めた新井宏昌氏は2013年から広島の打撃コーチに就任。丸佳浩、菊池涼介、鈴木誠也ら若手を鍛え上げ、リーグ3連覇の土台作りを作ったのは記憶に新しい。本人の証言をもとに振り返っていく連載の第18回は「野村謙二郎監督がほれこんだ堂林翔太」。

新井氏が打撃コーチに就任した2013年、チームは1997年以来のAクラス入りを果たした。くすぶっていた丸の打撃フォームを修正、チーム3冠となる打率.273、14本塁打58打点をマークするなど“ヤングカープ”たちが徐々に頭角を現していた。

丸、菊池涼、田中広、鈴木。広島の次世代を担うスター選手が結果を残していったが、ファンから最も期待されていたのは堂林だ。グッズ売上は断トツで、球団内でも「長打の打てる三塁手」の育成は最重要課題だった。

野村監督から打撃指導を一任されていた新井氏も「とにかく堂林を一人前にさせないといけない、という意思を感じた。どの球団もそうですが“チームの顔”となる選手の育成は絶対に必要。少々のことは目をつぶっても起用して経験させないといけない。広島では堂林がその1人だった」と振り返る。

和製大砲の育成へ…野村監督は付きっきりで堂林を指導

堂林は高卒3年目だった2012年の開幕戦で「7番・三塁」で1軍デビューを果たすと、同年は144試合に出場し打率.242、14本塁打45打点をマーク。上々の成績を残したが、球団新記録となる150三振を喫するなど課題も明確だった。鮮烈なデビューを飾ったことで、2013年はさらなる飛躍が期待されていた。

新井氏は打撃コーチ就任当時から「堂林の三振数を何とかしたい」と口にしていた。三振=バットにボールが当たらない。中京大中京高時代はエース兼4番打者として甲子園のスターだった堂林の弱点も「高校を卒業するまで投手が主だった選手は、センスだけで打撃するイメージ。プロはスコアラーたちがいて“打つべき球”をある程度、教えてくれる。当時の堂林は、打つべき球を打たず後追いだった」と見抜いていた。

カープでも多くの野手を指導してきたがシーズン中、本格的な打撃指導を行わなかったのは堂林だけだ。最重要課題だった三塁・和製大砲の育成は野村監督が付きっきりで行った。新井氏はその点に関して全く不満はなく、指揮官の熱い思いを感じ取っていた。

「野村監督の熱の入れようはすさまじかった。試合の無い日でも球場に姿を見せ、ピックアップ練習の堂林にマンツーマン指導を行っていた。堂林がものになれば広島の三塁は10年は安泰。そのような思いを持っておられた」

2014年は2年連続でAクラス入りも野村監督が退任

だが、堂林は2013年に105試合、2014年は93試合、2015年は33試合と出場機会を減らしていった。三塁守備では大事な場面での失策も多く、それが影響したのか打撃も好不調の波を改善することはできなかった。野村監督の思い描いた選手像には届かなかったものの、今でもファンから根強い人気があるのは確かだ。

2014年は74勝68敗と勝ち越し、2年連続でAクラス入り(3位)を果たしたが、この年限りで野村監督が退任。同年は丸が打率.310、19本塁打67打点、26盗塁。菊池涼は打率.325、11本塁打58打点、23盗塁。ルーキーの田中広が打率.292、9本塁打34打点と、新井氏の指導を受けた選手たちが大活躍したシーズンでもあった。

球団としてもセ・リーグで戦える選手層が徐々にそろい、リーグ優勝への機運が高まっていた。そして、2015年は緒方孝市監督が就任。新たな指揮官の元、新井氏も死力を尽くしたが、この年限りでカープを去ることになるのであった。(橋本健吾)

(※引用元 Full-Count

関連記事

キャンプ一軍スタート決定!カープのドラフト1位・小園海斗への期待

キャンプ一軍スタート決定!カープのドラフト1位・小園海斗への期待

広島の春季キャンプのメンバーの振り分けが発表され、期待のドラフト1位・小園海斗の一軍スタートが決まった。ちなみに近年の広島では高卒ルーキーの一軍キャンプスタートは珍しく、昨年のドラフト1位で、2017 …

林晃汰、来季の目標は20発!空白が濃厚の四番を狙う「ポスト誠也」

林晃汰、来季の目標は20発!空白が濃厚の四番を狙う「ポスト誠也」

来季4年目を迎える林には「ポスト誠也」の呼び声が高い。今季はチームが新型コロナ禍に見舞われた5月中旬に一軍に昇格し、三塁手としてレギュラーに定着。規定打席に到達はできなかったが、102試合で95安打を …

4連覇はダメでも……、「日本一」へ!CSへ出場できた場合、見る夢

4連覇はダメでも……、「日本一」へ!CSへ出場できた場合、見る夢

サヨナラ勝利の意味合い 9月19日のDeNA戦(横浜)で7点リードをひっくり返されてサヨナラ負けし、今季、広島が目指した4連覇の夢はついえた。4連覇を逃したことに関する分析は『週刊ベースボール』本誌1 …