カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープを支えるクレート通訳『先生デビュー』、動画でスペイン語解説

2018年3月26日

カープを支えるクレート通訳『先生デビュー』、動画でスペイン語解説

広島のヘンディ・クレート通訳兼ブルペン捕手(34)が“先生デビュー”だ。2月からカープファン倶楽部会員限定のサイト内にある動画「クレート通訳の最高のスペイン語の使い方」に登場。スペイン語を解説している。

「きょねん、ドミニカ(共和国)にかえるまえ、ことしニホンにきたときに(ビデオ講義を)とりました。ニホンのコトバをスペイン語にかえる(翻訳)のがむずかしい。あと2、3回ぐらい(ビデオ撮影が)あるのでがんばりたい」

ドミニカ共和国のカープアカデミー出身でブルペン捕手として2007年に来日。昨年6月に支配下登録されたバティスタの通訳として1軍に昇格し、お立ち台での「やっぱり」「サイコー」などの“カタコト通訳”が話題を呼び、先生として白羽の矢が立った。

1回のビデオ撮影で5分の講座を計10度。それを2回こなしたドミニカンは「スパニッシュをべんきょうして、ドミニカ(共和国)にあそびにきてください。ごはんもおいしい。うみもきれいですよ」と宣伝した。

ドミニカ共和国はカリブ海に浮かぶ人口1053万人の島国(2015年統計)。日本では直通便がないため馴染みが薄いものの、野球界ではバティスタ、メヒア(ともに広島)、カミネロ(巨人)、ドリス、マテオ(ともに阪神)ら多くのドミニカンが活躍している。

来日11年目のクレートさんも通訳として、ブルペン捕手として、講師として奮闘。夫人のサンタさん、長男・ジョルダンくん、次男のハシエルくんを故郷に残し、寮でひとり暮らしをしている。

「かぞくにあえないのはさみしいね。6がつにニホンにくる。たのしみにしています」

現在は1軍でメヒアの通訳を務めており、ともに開幕1軍を目指して突っ走っている。異色の球団スタッフ、クレートさん。球団史上初の3連覇を目指すカープを縁の下で支える。(柏村翔)

(※引用元 サンケイスポーツ

関連記事

【菊池涼×新井氏、特別対談②】グラウンド外でも『長男』の役割を!

【菊池涼×新井氏、特別対談②】グラウンド外でも『長男』の役割を!

広島の菊池涼介内野手(28)と昨季限りで現役を引退したデイリースポーツ評論家で前広島の新井貴浩氏(42)が4日、春季キャンプ特別対談に臨んだ。ナインはチームを「家族」という言葉で表現する。昨季までの長 …

ノムさん、カープのドラフト1位・中村奨成に「がっかりした」ワケ

ノムさん、カープのドラフト1位・中村奨成に「がっかりした」ワケ

サンケイスポーツ専属評論家の野村克也氏(82)が11日深夜放送のTBS系「S☆1」にVTR出演。プロ野球・広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18)=広陵高=に「がっかりした」とボヤく場面があった。 番 …

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」②オーナーの観客席ネタ

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」②オーナーの観客席ネタ

広島市在住の迫氏は、「カープ人気が高まった背景には、マツダスタジアムの存在も大きい」とも語る。マツダスタジアムは旧広島市民球場の老朽化に伴い市が建設した、米メジャー流の「ボールパーク」である。競技を観 …