カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープを支えるクレート通訳『先生デビュー』、動画でスペイン語解説

2018年3月26日

カープを支えるクレート通訳『先生デビュー』、動画でスペイン語解説

広島のヘンディ・クレート通訳兼ブルペン捕手(34)が“先生デビュー”だ。2月からカープファン倶楽部会員限定のサイト内にある動画「クレート通訳の最高のスペイン語の使い方」に登場。スペイン語を解説している。

「きょねん、ドミニカ(共和国)にかえるまえ、ことしニホンにきたときに(ビデオ講義を)とりました。ニホンのコトバをスペイン語にかえる(翻訳)のがむずかしい。あと2、3回ぐらい(ビデオ撮影が)あるのでがんばりたい」

ドミニカ共和国のカープアカデミー出身でブルペン捕手として2007年に来日。昨年6月に支配下登録されたバティスタの通訳として1軍に昇格し、お立ち台での「やっぱり」「サイコー」などの“カタコト通訳”が話題を呼び、先生として白羽の矢が立った。

1回のビデオ撮影で5分の講座を計10度。それを2回こなしたドミニカンは「スパニッシュをべんきょうして、ドミニカ(共和国)にあそびにきてください。ごはんもおいしい。うみもきれいですよ」と宣伝した。

ドミニカ共和国はカリブ海に浮かぶ人口1053万人の島国(2015年統計)。日本では直通便がないため馴染みが薄いものの、野球界ではバティスタ、メヒア(ともに広島)、カミネロ(巨人)、ドリス、マテオ(ともに阪神)ら多くのドミニカンが活躍している。

来日11年目のクレートさんも通訳として、ブルペン捕手として、講師として奮闘。夫人のサンタさん、長男・ジョルダンくん、次男のハシエルくんを故郷に残し、寮でひとり暮らしをしている。

「かぞくにあえないのはさみしいね。6がつにニホンにくる。たのしみにしています」

現在は1軍でメヒアの通訳を務めており、ともに開幕1軍を目指して突っ走っている。異色の球団スタッフ、クレートさん。球団史上初の3連覇を目指すカープを縁の下で支える。(柏村翔)

(※引用元 サンケイスポーツ

関連記事

赤松、胃がんを語る「それでも僕が野球を続ける理由」/がんと共に…

赤松、胃がんを語る「それでも僕が野球を続ける理由」/がんと共に…

2016年末にステージ3の胃がんと診断されたプロ野球・広島カープの赤松真人選手(35)。半年間の抗がん剤治療を経てリハビリとトレーニングを重ね、3月に実戦への復帰を果たしました。前例のない「がんサバイ …

広島カープで見た、球団と現場の一体感!黄金時代到来の『理由』

広島カープで見た、球団と現場の一体感!黄金時代到来の『理由』

広島に赴任して数日が経った。関係者にあいさつして回る中で感じるのは、球団の編成担当者に比較的若い人材が目立つことだ。 例えば、年明けに就任した編成部長は42歳。記者と1歳違いの同世代だ。過去に担当した …

早過ぎる死から『25年』――“炎のストッパー”津田恒実の野球人生

早過ぎる死から『25年』――“炎のストッパー”津田恒実の野球人生

早過ぎる死からちょうど25年が経った。1993年7月20日、32歳の若さでこの世を去った津田恒実。いつも魂を込めて投げ、マウンドでは鬼の形相を浮かべて広島の勝利に貢献した。“炎のストッパー”と呼ばれた …