カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

坂倉スターへの階段「陰で活躍したい」、不屈の精神で臨む球宴初出場

2022年7月19日

坂倉スターへの階段「陰で活躍したい」、不屈の精神で臨む球宴初出場

「スターへの階段を上がる」という表現がある。26日から2試合行われるマイナビオールスターゲーム2022(26日=ペイペイドーム、27日=松山)はまさにスターへの階段といえる舞台だろう。

11年ぶりにファン投票選出なしとなった広島からは、監督推薦で3選手が出場する。初出場は坂倉将吾捕手(24)。“板倉(いたくら)”ではなく、“坂倉(さかくら)”だ。広島では今季、三塁を主戦場とするも、本職の捕手での選出となった。ようやく全国区だ。アマチュア時代は日本代表に縁がなく、日大三時代は甲子園出場もかなわなかった。今年3月に予定された台湾との強化試合(中止)も、春季キャンプ前の負傷離脱によって選考外だった。

「小、中、高と“地域では”とか“東京では”というレベルで、名前が知られていた程度。目立たない選手でした。JAPANにも無縁だったから、プロでは(アマチュア時代から)有名な選手よりも早く、早く上がりたいという思いが強かった」

ドラフト4位で入団して、1年目に1軍デビューを果たした。広島の高卒新人捕手の1軍安打は、65年の衣笠以来2人目の記録だった。持ち前の打力で自身のポジションをつかむと、昨年は捕手と一塁の併用でリーグ2位の打率3割1分5厘を残した。今季は新境地の三塁を主に3割超の打率を維持する。

全セの注目選手、佐藤輝明(阪神)と牧秀悟(DeNA)は同学年だ。高卒で着実に成長してきた坂倉に対し、2選手は大卒1年目の昨季にブレーク。ファン投票選出の両者と比べれば、注目度が劣るかも知れない。ただ、それもまた、坂倉らしい。

「注目されるのは苦手なので、陰に隠れて、活躍したいと思います」

“陰に隠れる”だけでなく、しっかりと“活躍したい”という思いを言葉にした。坂倉の全国デビュー。全国区への第1歩が、世界へ向けた1歩となるかもしれない。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

大瀬良が、妻でタレントの浅田さんを喜ばせたひと言…ちょっといい話

大瀬良が、妻でタレントの浅田さんを喜ばせたひと言…ちょっといい話

19年に結婚した大瀬良の夫人は、広島でタレント活動する浅田真由さん(31)。昨年9月に右肘を手術した夫の復活を一番近くで支えた。 「早く投げたがって、(右腕は)動かすことができないので、止めるのに必死 …

大瀬良大地、近日中2軍戦復帰へ「上げていければ」!全体練習こなす

大瀬良大地、近日中2軍戦復帰へ「上げていければ」!全体練習こなす

「右腓腹(ひふく)筋挫傷」で戦線離脱していた広島大瀬良大地投手(29)が、早期の1軍復帰への意欲を明かした。7日、広島・廿日市市内の大野練習場で練習を公開。既に2度ブルペン入りを果たすなど、順調な回復 …

會澤の転倒シーンに心配の声…五輪棒に振った悪夢、再来への可能性も

會澤の転倒シーンに心配の声…五輪棒に振った悪夢、再来への可能性も

5月31日に行われた広島対日本ハム戦。「1-0」で広島が勝利したが、試合結果以上に話題となったのが広島のプロ16年目・34歳の會澤翼の転倒だった。 「1-0」と広島1点リードの9回表。この回広島は2番 …