カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

秋山の心が動いたつなぐ攻撃…2番・菊池の献身性受け止めて3番担う

2022年7月21日

秋山の心が動いたつなぐ攻撃…2番・菊池の献身性受け止めて3番担う

広島が掲げる「つなぐ攻撃」の真骨頂を、移籍間もない秋山翔吾外野手(34)が目の当たりにした場面があった。17日の巨人戦で、9―5と勝利をほぼ手中に収めていた9回無死一塁。2番・菊池涼がカウント2―2と追い込まれると、走者を進めようと二塁へゴロを転がした。その打球が失策を呼んで無死一、三塁と好機が広がり、直後の秋山の適時打につながった。秋山が感心したように振り返る。

「あの打席は気持ち的にガッと来るものがあった。彼(菊池涼)は、それまで無安打。点差もあったし、安打を打ちにいっても問題ない場面だったのに、つなぐような意識に見えた。そのようにしてチームを引っ張るリーダーがいることで、僕はそこに乗っからせてもらうことができる」

菊池涼は16日の巨人戦終了時点で打率・249で、9回の打席は4打数無安打で迎えた。それでも、自身の状態を上げるための打席とすることなく、最後までチーム打撃に徹した。

秋山は「ああいうことを若い選手にいきなりやれというのは難しいかもしれないけど、必要なことだなと思ってくれればよりいいと思う。その意識が形となってどの打順でも出てくれば、よりつながっていくと思うし、勝ちは増えるんじゃないかな。それを象徴していたような彼のプレーだった」と、「2番・菊池涼」の役割の大きさを再認識する場面となった。

新加入した秋山が3番に入ったことで、菊池涼は本来の2番に戻った。菊池涼は秋山に「つなぐよ」と伝えてから打席に向かった試合もある。負傷離脱中の西川が戻ってくるまで、2、3番の並びは「キク・アキ」で固定される見込み。ナインのつなぐ意識を敏感に感じ取ることのできる秋山は、3番として得点圏で迎える打席を意気に感じている。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

菊池が来季へマイペース調整、WBCで「シーズンがもう一つあった」

菊池が来季へマイペース調整、WBCで「シーズンがもう一つあった」

ハワイ優勝旅行に参加中の広島・菊池が、来季へ向けて「マイペース調整」を掲げた。「今年はシーズンがもう一つあったという感じだった。来年は(練習を)ゆっくり自分のペースでやりたい。(2月まで)しっかり体を …

先発候補から抜け出すのは誰?気になる栗林の『起用法』と小園の開花

先発候補から抜け出すのは誰?気になる栗林の『起用法』と小園の開花

「球春到来」。2月1日、2021シーズンのプロ野球キャンプがスタートする。コロナ禍でまだまだ不透明なところも多いが、この時点は全球団が“横一線”、どのチームも優勝のチャンスがある。だからこそ、春季キャ …

負けてなお強し!誠也が明かした次戦へつなげる『負け方』とは?!

負けてなお強し!誠也が明かした次戦へつなげる『負け方』とは?!

負け方にも広島の強さが感じられる。例えば11日の巨人戦、1―8の8回。1死一塁で鈴木が宮国から左翼席へ21号2ランを放つと、2死後、バティスタも左翼席へ18号ソロを放った。白星にはつながらなかった2発 …