カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

巨人戦中止にモヤモヤする理由…他球団から漏れ出てきた「本音」とは

2022年7月31日

巨人戦中止にモヤモヤする理由…他球団から漏れ出てきた「本音」とは

注目を集めていたDeNA・巨人戦(横浜)は31日も中止(延期)となった。巨人側にコロナ感染者が大量に発生、一軍の試合に出場可能な選手が10人(捕手2人、内野手3人、外野手5人)であること、療養期間を終えた選手から順次トレーニングを始めているが、「筋力が公式戦に出る水準に戻るにはまだ数日かかり、31日の試合に出場させた場合、大きな故障につながりかねない」と球団は説明した。

一方でコロナ禍により巨人は前半戦最終カードの中日3連戦を含む、6試合を中止(延期)とした。内野を守る選手が3人しかいないなど危機的な状況において、仕方がない側面もあるがネットを中心に巨人に対し、「不公平」と批判的な意見も散見される。コロナ禍に苦しむのは巨人だけではない。他球団も多くの陽性者を出しながら、何とかやりくりしながら試合を挙行しているとあって、不満の声が高まっているのだ。

今回の延期に伴って、当然、後の日程もタイトになってくる。ここまで89試合を消化、雨天、コロナも含め13試合が中止となったDeNAでは後半戦のダブルヘッダーを含め、過密日程となることが予想される点に関して三浦監督が「我々としては日程通りにやるだけ」と受け止めたが、「リリーフ陣や野手は大変だと思います」と選手を思いやった。

さらにコロナ禍における選手の状態について激白したのはヤクルト・高津監督だ。首位をキープしながら、後半戦開幕カードの阪神戦(甲子園)は連敗スタート、2位の阪神には9ゲーム差と詰められている。コロナ陽性で選手が大量離脱以降の試合では、12試合で3勝9敗と苦しい戦いを強いられている。ヤクルトではコロナに関連して、2試合を中止(延期)している。

阪神に3ー7と敗れた30日の試合後に高津監督は「弱音を吐くわけじゃないが」と前置きした上で、選手の状態について「コロナ組はしんどいね。一生懸命頑張っている。でも厳しい。ピッチャーにしてもそんな簡単なことじゃない。あれだけ休んでゲームに出るということはね。よく頑張っていると思います」と打ち明けた。

さらに続けて「まったく10日間動けなかった人たちが帰ってきて、さあ動けるかといわれたら、そんな簡単なものじゃない。やっぱり時間はかかる」とした。

このように隔離期間を終えて、チームに合流後も選手たちは調整に苦労していると認めたのだ。

巨人の対応にファンがもやもやを募らせているのは球団側が今回の中止の理由に「全力疾走ができない」「全力投球ができない」「筋力不足」など、コンディショニング面を理由としている点にもある。実際にヤクルトの選手なども最短で試合に復帰しながらも、復調には苦労している現実がある。それでも何とか試合に出続けているとあって、試合が開催される条件に差が出ているのではないかと、厳しい目が向けられている。

巨人は8月2日から、本拠地東京ドームに絶好調の阪神を迎える。果たして試合ができるのか。勝敗の行方も含め、チームに引き続き注目が集まりそうだ。

(※引用元 CoCoKARA

関連記事

赤松「ゆっくり焦らずに」、大腸がん公表の阪神・原口へサポート約束

赤松「ゆっくり焦らずに」、大腸がん公表の阪神・原口へサポート約束

広島赤松真人外野手が25日、大腸がん発症を公表した阪神原口文仁捕手に自身の経験を重ね、できる限りのサポートを約束した。 「見つかったというのが一番だと思う。まずは治療に集中してほしい。ゆっくり焦らずに …

球界でコロナウィルス感染拡大…1週間後に迫る球宴開催を危ぶむ声も

球界でコロナウィルス感染拡大…1週間後に迫る球宴開催を危ぶむ声も

スポーツ興行とウイルスの闘いは、また新たなステージを迎えた。球界で続くコロナ感染者の数が、7月に入り桁違いに増えた。ヤクルトで1、2軍とスタッフ合わせ計29人の感染に続き、広島は同43人が感染。そして …

2ショット公開!中村奨成、野村克也氏を悼む「ビックな選手になる」

2ショット公開!中村奨成が野村克也氏を悼む「ビックな選手になる」

中村奨「天国からずっと見守っていてください」 広島の中村奨成捕手は12日、自身のインスタグラムを更新。野村克也氏の訃報を受けて、2ショットを公開した。2018年に広陵高からドラフト1位で入団し、初めて …