カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

2年ぶり出場の広島・白浜裕太、気配りの36歳は『縁の下の力持ち』

2022年8月1日

2年ぶり出場の広島・白浜裕太、気配りの36歳は『縁の下の力持ち』

敵地にもかかわらず両軍のファンから拍手がわき起こった。7月23日のヤクルト─広島14回戦(神宮)。2020年以来2年ぶりに1軍出場を果たした広島・白浜裕太捕手(36)が感激して振り返った。

「引退試合かなというぐらい大きな拍手だったので、素直にうれしかったですね。つられて拍手をしている人も半分ぐらいいると思う」

広島が15─3とリードした八回無死一塁で代打として登場。坂本の4球目の直球をバットに当てたが、浅い飛球。5年ぶりの安打はお預けとなったが、八回から捕手の守備に就き、チームの勝利に貢献した。

「勝っている試合に出場するのは改めて良いと感じました。もしスタートで出る機会があれば、もっと身近に感じられるかもしれませんね」

白浜は広陵高3年春に西村健太朗(元巨人)とバッテリーを組み、全国制覇した。翌2004年にドラフト1位で広島に入団。今季で球団の生え抜き捕手最年長の石原慶幸(02~20年)に並ぶ19年目に到達した。

松田オーナーは「(入団時は)肩が強く、強そうな爪をしていた。ファンの方は白浜のことをよくわかっているんだろう」と目を細める。

白浜は通算87試合出場(7月30日現在)で正捕手として活躍した経験はないが、人望が厚く、捕球や送球は一定の評価を得ている。7月に加入した秋山(前パドレス3A)が2軍で調整した際、「2軍に長野さんと白浜さんがいて、カープを知ることができた」と感謝していた。

白浜は「僕は何もしていない。年齢が上だから名前を出してくれた」と謙遜するが、このように新人や途中加入の選手によく声をかける、気遣いができる人なのだ。

「みんなは目の前の試合を1個1個取っていくと思っている。そこに向かって必死で勝ちにいくだけ。そのピースの一つとして、ゲームに出たらやる」

縁の下の力持ちとして厳しいプロの世界で生き残り続ける36歳のベテラン捕手。その知名度は、広島から全国区に広がりつつある。(柏村翔)

(※引用元 サンケイスポーツ

関連記事

坂倉将吾が合流「1人ひとりが頑張るしかない」!三塁起用方針変えず

坂倉将吾が合流「1人ひとりが頑張るしかない」!三塁起用方針変えず

4番候補が合流だ。負傷で出遅れていた広島坂倉将吾捕手(23)が11日の日本ハム戦から1軍合流する。10日、マツダスタジアムに荷物を運び入れ、意気込みを語った。今季は新たに三塁に挑戦し、昨季リーグ2位の …

菊池涼介の「野球観」/大好きな『イチロー』氏と、異なる点とは?

菊池涼介の「野球観」/大好きな『イチロー』氏と、異なる点とは?

広島菊池涼介が、尊敬するイチロー氏の考えについて「ちょっと違うと思うんですよね」と言う部分がある。3月の引退会見で、野球の魅力について語った以下の部分だ。「団体競技なんですけど個人競技なんですよ。個人 …

誠也は「えっ二刀流?」、外角快速球ズドン動画「球の伸びがスゴイ」

誠也は「えっ二刀流?」、外角快速球ズドン動画「球の伸びがスゴイ」

二松学舎大付高まで最速148キロ右腕として活躍していた 広島からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す鈴木誠也外野手。労使交渉の難航で移籍交渉はストップしているものの、新シーズンへ向けて順 …