カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下「自力で勝てたら」…ヤクルト3連戦初戦先発に向け、力投誓う!

2022年8月9日

森下「自力で勝てたら」…ヤクルト3連戦初戦先発に向け、力投誓う!

広島は9日から首位・ヤクルトと3連戦(マツダ)。森下暢仁投手(24)は8日、本拠地で最終調整し、カード初戦の先発準備を整えた。混戦からの脱落危機に直面する後半戦。先発陣に不調や離脱が相次ぎ、自身も前回2日のDeNA戦で黒星を喫した。今回は浮沈を懸けた大事な分岐点。「チームが苦しい時。何とか自力で勝てたら」と力を込める。

強い日差しの本拠地グラウンド。森下は再合流した野村とキャッチボールし、ダッシュなどのメニューをこなして調整を終えた。今季4度目のヤクルト戦登板。カード初戦先発に向け、自らの立場とチーム状況を踏まえて言葉に力を込める。

「つながる打線だと思うので最少失点で粘れたら。最近は先発が5回前後で降り、中継ぎ(に頼る)ばかり。何とか長いイニングを投げたいと思います。火曜日でもあるので」

チームは後半戦に入って1勝7敗と失速。先発陣の不調が暗い影を落としている。7月30日の中日戦でアンダーソンが投げた6回が最長で、残る7試合はいずれも5回までに降板。その助っ人右腕と床田はアクシデントで戦線離脱となった。

後半戦から6連戦のアタマを担う森下も例外ではない。前回2日のDeNA戦は4回5失点で降板、6敗目を喫した。同じ失敗は許されない。今回のヤクルト戦は、チームに安心感を与えられるか否かの大事な分岐点。本人は百も承知だ。

「このままズルズル行きたくない。首位を走るチームですが、しっかり投げたい」

前回登板は映像で確認。(1)初球ストライクを痛打される(2)直球でカウントを取りたい時に取れない(3)2死からの失点…などを修正点に挙げた。女房役の会沢とは「両サイドの真っすぐを大事に。投げ切れれば変化球も生きる」と申し合わせた。

正直、疲れは感じている。投球回数126回2/3はリーグで断トツ。「うまくいかないことが続くと、なおさらダメージにもなる」と打ち明ける。だからと言って、言い訳するつもりは全くない。胸中にはローテーション投手の責任感とプライド。森下は言う。

「ずっとローテーションで投げさせてもらっている。最近は勝っても打線に助けられる試合が多いので、チームが苦しい時こそ何とか自分の力で、自分の投球で勝てたら…と」

借金6の5位から浮上へ。力投型の右腕がその原動力になる。(江尾卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

名言が出た!2年ぶりのヒーローインタビューで、松山がガッツポーズ

名言が出た!2年ぶりのヒーローインタビューで、松山がガッツポーズ

広島が、5日の巨人戦に3-1で勝ち、首位決戦となる3連戦初戦で先手を奪った。殊勲打は、やはり値千金の一打を放った松山竜平外野手(36)だ。1-1で迎えた6回、1死一、三塁で打席に立つと、フルカウントか …

小園、1軍合流も異例の「一日練習参加」で昇格見送り…2軍再合流へ

小園、1軍合流も異例の「一日練習参加」で昇格見送り…2軍再合流へ

広島・小園海斗内野手(20)は、本拠地マツダスタジアムでの試合前練習に参加するも、昇格は見送られた。 21日からは再び2軍に合流し、由宇練習場で行われる2軍オリックス戦に出場する見込みとなった。 佐々 …

秋山、阪神戦の出場へ見通し!佐々岡監督「問題なければ火曜日から」

秋山、阪神戦の出場へ見通し!佐々岡監督「問題なければ火曜日から」

発熱による体調不良を訴え、特例2022対象選手として23日に登録を抹消された広島・秋山が巨人戦前の練習に合流。屋外では打撃練習をしなかったものの、外野でノックと打球捕に汗を流した。 佐々岡監督は今後に …