カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

勝てば、4位浮上の一戦落とす…3点のビハインドを一時は追いつくも

2022年8月26日

勝てば、4位浮上の一戦落とす…3点のビハインドを一時は追いつくも

公式戦(8月26日、カープ3-4巨人、マツダスタジアム)

広島は勝てば4位浮上の一戦を落とした。3点ビハインドを一時は追いついたが、中継ぎが競り負けた。

■玉村6回3失点も2勝目ならず

先発マウンドには4月7日の同戦で今季唯一の白星を挙げていた玉村昇悟投手(21)が上がった。

1回、連打と四球などで2死満塁とるすと若林晃弘内野手(29)に左越え適時二塁打を放たれ、3点先制を許した。しかし、以降は立て直した。降板した6回まで5つの「0」を並べ、6回3失点。勝ち負けこそつかなかったが、先発として最低限の役割を果たした。

■一時は3点差を追いついたが

1-2と2点を追う3回にライアン・マクブルーム内野手(30)の15号ソロと磯村嘉孝捕手(29)の適時二塁打で同点に追いついた。

■2番手森浦、勝ち越し許し4敗目

同点の7回、2番手森浦大輔投手(24)がつかまった。先頭小林誠司捕手(33)に左前打を浴びると犠打で1死二塁を背負った。続くゼラス・ウィーラー内野手(35)に左前適時打を許し、勝ち越し点を献上した。結局、この1点が決勝点になり、森浦は4敗目となった。8月に入ってから6戦で防御率6.00と安定感を欠いている。

■坂倉は試合終了時でセ最多タイの安打数

「5番三塁」の坂倉将吾捕手(24)は今季6度目の猛打賞。試合前時点で今季126安打でリーグ4位だったが、3安打で129安打に伸ばし、リーグトップに躍り出た。広島の試合が終了した時点で、阪神中野拓夢内野手(26)に並んでリーグ最多となった。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

羽月が満点デビュー!ド緊張なんの、2安打3打点&好守でも魅せた!

羽月が満点デビュー!ド緊張なんの、2安打3打点&好守でも魅せた!

公式戦(8月7日、カープ11-6阪神、マツダスタジアム) 広島の羽月隆太郎内野手(20)が7日、プロ2年目で初めて出場選手登録され、同日の阪神戦(マツダ)に「2番・二塁」で即先発出場。第2打席でプロ初 …

3タテ食らい…借金12、誠也は35試合&149打席タイムリーなし

3タテ食らい…借金12、誠也は35試合&149打席タイムリーなし

公式戦(9月23日、カープ3-7巨人、東京ドーム) 広島は3―7で巨人に敗れて今季3度目、巨人相手には今季2度目となる同一カード3連戦3連敗。今季2度目となるワーストタイの4連敗を喫し、借金が今季初の …

5月は鯉の季節…6連勝で5カード連続勝ち越し、西川が先制3ラン!

5月は鯉の季節…6連勝で5カード連続勝ち越し、西川が先制3ラン!

公式戦(5月18日、カープ4-0阪神、甲子園球場) 広島が初回に飛び出した西川の先制3ランや先発・ジョンソンの6回無失点好投などで阪神に4―0で勝ち、4月の8連勝に続いて今季2度目の6連勝。今季初の貯 …