カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森翔平がプロ初勝利!初先発で5回1失点、逆転CSへ火ともし続ける

2022年9月7日

森翔平がプロ初勝利!初先発で5回1失点、逆転CSへ火ともし続ける

公式戦(9月7日、カープ3-1中日、バンテリンドーム)

広島が今季3度目の5連勝を決めた。プロ初先発の広島ドラフト2位ルーキー森翔平投手(24)が5回1失点でプロ初勝利を挙げた。森は試合前で5試合に登板していたがいずれも中継ぎ起用だった。

■初回はわずか8球で先制点献上

立ち上がりは、苦しんだ。先頭岡林勇希外野手(20)を四球で出塁させると暴投で無死二塁とし、大島洋平外野手(36)に右翼線へ適時二塁打を放たれ、打者2人、わずか8球で先制点を献上した。続く阿部寿樹内野手(32)を四球で無死一、二塁とピンチは続いた。しかし、4番ダヤン・ビシエド内野手(33)、5番アリエル・マルティネス捕手(26)を連続三振に打ち取った。次打者木下拓哉捕手(30)は遊直で、初回は1失点で踏みとどまった。

■2回以降も走者背負うが追加点与えず

2イニング目からも依然として走者を背負う展開は変わらなかった。3者凡退は4回の1度のみだったが、粘りの投球で試合をつくった。1-1の6回先頭で代打磯村嘉孝捕手(29)を送られた。プロ初先発は5回92球1失点で降板となった。

■坂倉の決勝打で森に初勝利舞い込む

その代打磯村の右前打から打線がつながり、2死満塁で坂倉将吾捕手(24)が右前に勝ち越しの2点適時打を放った。この打点が決勝点となり、森にプロ初勝利の権利が舞い込んだ。

■中継ぎ陣がリード守る

2点リードの6回からは継投。森の白星を背負った中継ぎ陣はリードを守った。今季3度目の5連勝で最大「9」あった借金は「4」まで減った。逆転CSへ火をともし続けている。

◆森翔平(もり・しょうへい)

1998年(平10)1月1日生まれ、鳥取県出身。青谷小では1年生から青谷スポーツ少年団で野球を始め、小6時に全国大会で準優勝。青谷中では鳥取クラウンボーイズに所属。鳥取商から関大に進学し、4年時には明治神宮大会で準優勝へ導いた。20年から三菱重工神戸・高砂(現三菱重工West)でプレー。177センチ、80キロ。左投げ左打ち。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

緒方監督、中村祐の好投に「フォークがよかった」/一問一答

緒方監督、中村祐の好投に「フォークがよかった」/一問一答

公式戦(9月22日、カープ5-0巨人、マツダスタジアム) 広島が投打がかみ合って勝った。先発中村祐が7回無失点の好投。攻撃陣は1回に1点を先制すると、4回、5回に2点ずつを加えた。 中継ぎ陣もジャクソ …

史上初の4試合連続グランドスラムどころか…三塁すら踏めず零封負け

史上初の4試合連続グランドスラムどころか…三塁すら踏めず零封負け

公式戦(7月19日、カープ0-3阪神、マツダスタジアム) 広島は6月12日の西武戦(ベルーナD)以来、今季8度目の零封負けを喫した。阪神投手陣の前に三塁すら踏めず、プロ野球タイ記録だった連続満塁本塁打 …

今季初竜倒で、『首位』ガッチリ!本拠地初登板の大瀬良が今季2勝目

今季初竜倒で、『首位』ガッチリ!本拠地初登板の大瀬良が今季2勝目

公式戦(4月16日、カープ3-2中日、マツダスタジアム) 広島は4連勝中の好調・中日を破り、首位をキープした。 この日は本拠地・マツダスタジアムで初登板の大瀬良が2回に2点を失うも、3回にマクブルーム …