カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良大地「勝つために仕事まっとう、何とかCS圏内」!変則4連戦

2022年9月16日

大瀬良大地「勝つために仕事まっとう、何とかCS圏内」!変則4連戦

逆転Aクラスへ弾みをつけるべく、広島大瀬良大地投手(31)が16日の敵地DeNA戦に先発する。チームは残り8試合で3位阪神に2ゲーム差の5位に沈むが、直接対決も2試合あるだけに十分希望はある。今季のエース右腕は苦しい投球が続くが、先発先陣で開幕最長6連勝や5連勝のきっかけをつくるなど影響力は大きい。DeNA、中日との変則4連戦の初戦を託された大黒柱に、景気づけの白星を期待だ。

22年佐々岡カープの行方を決定づけるであろう4連戦が始まる。横浜でDeNA2連戦、広島に戻り中日2連戦という変則的な4連戦。その先陣を大瀬良が切る。「チームが勝つためにできる仕事をまっとうできるように。何とかCS圏内に入って、次につなげていけるように頑張りたい」。3位阪神に2ゲーム差をつけられ、今季残すは8試合のみ。逆転CSへ最後の力を振り絞り、チームの勝利のためだけに右腕を振る。

今季はエースらしい働きはできていない。21試合に先発して8勝8敗、防御率4.51。苦しい登板が続く。状態が上がらず、8月には約3週間離脱した。前回9日のヤクルト戦も6回途中7失点と、精彩を欠いた。球質は上向いているように感じられたが、要所で制球が甘くなった。「スライダーの精度を見直した。ほかの球はいい感覚を継続できるように。あとは結果を出すためにいい球を投げられれば」。課題をつぶし、名誉挽回の登板に臨む。

思うような結果を残せていない今季も、チームに大きな影響を与える存在に変わりはない。大瀬良の登板日にチームが勝つと8度、連勝を記録している。今季最長の6連勝も大瀬良の開幕戦勝利から始まり、戦列復帰した今月2日の勝利からは5連勝となった。常にチームを背負って投げてきた。残り8試合となった最終局面でチームを勢いづけられるのは、大黒柱の大瀬良しかいない。

好相性のデータも追い風にしたい。DeNAは昨季から11度対戦して無敗で8連勝中。苦しい投球が続く今季も、5戦4勝、防御率1・42の好成績を残している。「正直、そんなに抑えている感覚もない。数字ほど、投げていて気持ちよく投げているわけではないので。1番から下位打線まですごい打者が並んでいるので、必死に投げているだけ」。お得意様でも油断はない。2ゲーム差の阪神とは直接対決が2試合残っており、食らい付いていけば道は開ける。快投で逆転Aクラスに弾みをつける。(前原淳)

○…玉村は17日の敵地DeNA戦に先発する。11日巨人戦の中継ぎ登板をへて、白星を挙げた4日DeNA戦以来の先発。本拠地での前回対戦は6回を無失点に抑えたが、敵地では8月19日の4回4失点など、昨季から2戦2敗で防御率8・38と苦戦している。「あまりいい思い出はない。何とかいい投球というか、1イニング1イニング全力で抑えていきたい」。無心でぶつかり、勝利を導く。

○…遠藤は18日のホーム中日戦先発が見込まれる。レギュラーシーズンでは最後の先発登板となる可能性が高い。前回11日の巨人戦は3回途中5失点。課題が残っただけに「1年間の総括じゃないですけど、いいものを出しながら終わることができれば」と引き締める。先発ローテーションに定着したシーズンの集大成を見せる。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

小窪哲也氏が1軍内野守備走塁コーチに就任!豊富な経験を古巣に注入

小窪哲也氏が1軍内野守備走塁コーチに就任!豊富な経験を古巣に注入

広島は11日、球団OBの小窪哲也氏(36)が来季のコーチに就任することを発表した。マツダスタジアム内で会見を行い、1軍内野守備走塁コーチを務めることになる。 会見では「分からないこともたくさんあると思 …

ジョンソン、中4日特攻でG倒&ベイ倒へ…大瀬良「全然あり得る」

ジョンソン、中4日特攻でG倒&ベイ倒へ…大瀬良「全然あり得る」

首位・巨人と6.5ゲーム差の3位・広島が“特攻ローテ”でV戦線に食らいつく。26日は敵地のジャイアンツ球場(川崎市)で一部投手が調整。27日から巨人3連戦(東京D)と2位・DeNAとの3連戦(マツダ) …

石橋貴明、カブス入団の誠也との合意直前…メールのやりとり明かす!

石橋貴明、カブス入団の誠也との合意直前…メールのやりとり明かす!

「とんねるず」石橋貴明(60)が20日放送のパーソナリティーを務めるTBSラジオ「日本生命presents石橋貴明のGATE7」(日曜前7・00)に出演。広島からポスティングシステムを利用してカブスに …