カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

連勝は4でストップ、プロ初登板初先発の高橋昂也が4回8安打5失点

2018年4月4日

連勝は4でストップ、プロ初登板初先発の高橋昂也が4回8安打5失点

公式戦(4月4日、カープ5-8ヤクルト、神宮球場)

広島は開幕からの連勝が4で止まったものの、底力は見せつけた。プロ初登板初先発の高橋昂が4回8安打5失点と崩れて、打線も5回までノーヒットだった。

だが、6回に爆発した。

先頭・磯村が左翼席に今季1号を放り込むと、1死から菊池のヒットと丸の四球で作った一、二塁のチャンスでエルドレッドが右翼ポール直撃の3号3ラン。続く松山も右翼席に今季1号を放ち、一度は試合を振りだしに戻した。

口火を切った磯村は「とにかく初球から積極的に振っていこうと思っていた。自分のスイングでしっかり振り抜くことができた」と振り返った。エルドレッドも「強引にならず、うまく上からたたくことができたよ」と手応えを口にした。

プロ野球史上初となる開幕から5試合連続逆転勝利は達成できなかったが、今季も赤ヘルの不屈の粘りは健在だ。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

誠也、サヨナラ弾で打撃3冠も「どうでもいい。それより…」一問一答

誠也、サヨナラ弾で打撃3冠も「どうでもいい。それより…」一問一答

◆広島9x―7ヤクルト=延長10回=(15日・マツダスタジアム) – 広島・鈴木誠也外野手(24)が延長10回1死一塁から左中間席に13号サヨナラ2ランを放った。チームは4連勝で今季4度目 …

今季4度目の完封負け、緒方監督「(大瀬良は)悔しかったと思う」

今季4度目の完封負け、緒方監督「(大瀬良は)悔しかったと思う」

公式戦(7月6日、カープ0-4巨人、東京ドーム) 広島が今季4度目の完封負けを喫し、連勝が2で止まった。8回無失点の巨人菅野からチャンスはつくったが、あと1本が出なかった。 先発の大瀬良は坂本勇に決勝 …

佐々岡監督は七回続投の森下について「勝ち投手の権利を取らせて…」

佐々岡監督は七回続投の森下について「勝ち投手の権利を取らせて…」

公式戦(9月26日、カープ2-5DeNA、マツダスタジアム) 広島がDeNAに逆転負けを喫した。試合後の佐々岡真司監督(53)の一問一答は以下の通り。 --先発のD1位・森下(明大)が7回11安打4失 …