カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

マクブルームが「またプレーしたい」!国内で休暇を過ごし、帰国予定

2022年10月6日

マクブルームが「またプレーしたい」!国内で休暇を過ごし、帰国予定

広島ライアン・マクブルーム内野手(30)が今季の戦いを終えて5日、広島を離れた。今後、国内で休暇を過ごし、米国へ帰る予定。今季はポスト鈴木誠也を担う4番候補として広島に新加入。コロナ禍による入国制限の影響で春季キャンプに参加できず、来日は3月上旬にずれ込んだ。1軍合流も開幕4戦目と遅れたが、128試合に出場し、17本塁打、74打点、打率2割7分2厘の成績を残した。

「Last Time!」。さっそうと手を振り、マクブルームがマツダスタジアムを去った。「自分の野球人生の中で一番楽しかった。そして素晴らしいファンの前でプレーできた1年だったと思う」。1試合平均2万7千人超の観客が詰めかけたマツダスタジアムでプレーした1年間を振り返り、明るい表情を見せた。

■「ベストな貢献はできなかった」

入団会見では40本塁打&100打点を目標に据えたが、終わってみれば17本塁打と74打点。「正直言ってベストな貢献はできなかった。チームとしてもプレーオフにも進めなかった。いいシーズンではなかった」。当初の目標は達成できなかった。チームも5位にとどまり、CSも逃した。チームを助けることはできず、うつむいた。

■「少なくとも20本塁打は打ちたい」

だが1年間の経験は大きな上積みになる。「来年もここ(広島)にいるのであれば」とした上で、「少なくとも20本塁打は打ちたい。来年はさらに20打点を増やして、すべて(の数字を)もっと残したい」。コロナ禍で入国制限のあった今春のような状況がなければ、通常通り、春季キャンプから始動できる。すでに来季までのビジョンも明快だ。「10月はオフ。スローイングは続けていくが、打撃(練習)は11月にやっていこうと思っている」。早くも2023年の開幕日となる3月31日から逆算している。

■「できれば帰ってきて、プレーしたい」

来季の去就は未定ながら残留が基本線となっている。「(契約は)自分のコントロールできるところではないが、できれば(広島に)帰ってきて、また皆さんの前でプレーしたい」。試合直前にはスタンド最前列に詰めかけたファンに手を振り、サービスする主砲。今季は対応の良さで心をつかんだ。来季はそれに加え、本領のバットでさらにファンを魅了する。(前山慎治)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

上本崇司は一発芸&変装も得意なムードメーカー…担当記者イチ押し!

上本崇司は一発芸&変装も得意なムードメーカー…担当記者イチ押し!

2月1日から始まる今年のプロ野球キャンプは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客スタートが決まった。球場で選手の姿を見られるのはもう少し先になりそうなので、今回のキャンプ特集は担当イチ押しの「元 …

菊池「やるしかない!」、田中「まだ4月、昔も負けた時期はあった」

菊池「やるしかない!」、田中「まだ4月、昔も負けた時期はあった」

じたばたしない!最下位に沈む広島のタナキクコンビが15日、逆襲への思いを語った。開幕5カード連続負け越しで4勝11敗、首位に6ゲーム差をつけられているが、闘志は衰えていない。チームを引っ張る菊池涼介内 …

床田を「カード頭」の先発に抜てき!九里はスライドを登板させず調整

床田を「カード頭」の先発に抜てき!九里はスライドを登板させず調整

広島は26日、ヤクルト3回戦(マツダ)が雨天中止となった。 あす27日の予告先発は床田寛樹投手(27)。首脳陣は26日に先発予定だった九里亜蓮投手(30)をスライド登板させずに、27日の先発登板に向け …