カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

堂林翔太、師匠の新井新監督に恩返し誓う!「打つこともしっかりと」

2022年10月11日

堂林翔太、師匠の新井新監督に恩返し誓う!「打つこともしっかりと」

広島・堂林翔太内野手(31)が8日、新監督就任が決まった新井貴浩氏(45=本紙評論家)への恩返しを誓った。現役時代の同氏に弟子入りして打撃指導を受け、護摩行にも同行するなど師弟関係にあった2人。師匠の胴上げに貢献するべく、今オフから入念に準備を進めていく。

堂林にとっては、師匠が監督になる。「ビックリしました。恩返しできるようにしたいです」。新井新監督の就任発表から一夜明けても、弟子の気持ちは高ぶったままだ。

新井氏が広島に復帰した15年、堂林は出場33試合のみに終わった。「何かを変えないと、このままでは終わるぞ」。この同氏からの一言が堂林を変えることになる。16年からは弟子入りを志願して本格的に打撃指導を受けるようになり、17年からは護摩行にも同行。どこまでも泥くさく、人一倍の練習量で鍛え上げる特別な師弟関係だった。

「本気で何かを変えないといけないと思って、きつい(護摩)行も一緒に行かせていただいた。(変わる)きっかけをつくってくれた存在です」

同氏が18年に現役を引退して以降も打撃に悩めば相談した。20年には三塁の定位置をつかんで自己最多に並ぶ14本塁打を放ち、今季は新型コロナ感染で離脱した以外は1軍に同行。「失敗したら“次、次!”と。良くても“まだまだ!”と常に言われていました」。打てないときは師匠の言葉を思い出し、1軍にしがみついてきた。

20年につかんだ定位置は手放したものの、今季は8本塁打を放つなど随所で勝負強さを発揮した。「正直、じっとしていられない」と10日に始まる秋季練習前からマツダスタジアムを訪れて、来季に向けて始動している。

来季に目を向ければ、今季に国内FA権を取得した野間、西川の動向次第とはいえ、秋山らがいる外野陣に割って入るのは容易ではない。「今年の成績では力になれない。この年になると、ケガが一番マイナス。まずはケガを避けられるように体をしっかり鍛え、打つこともしっかりとやっていきたい」。「師匠と弟子」は「監督と選手」という関係性に姿を変え、再び同じユニホームを着て汗を流す日々がやってくる。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

大瀬良、4勝&2完投で月間MVP「これまで同様、チームのために」

大瀬良、4勝&2完投で月間MVP「これまで同様、チームのために」

セ、パ両リーグは13日、3、4月の「大樹生命月間MVP賞」を発表し、広島・大瀬良大地投手(30)が18年5月以来2度目の受賞を果たした。 「他にもいい成績を残した選手がたくさんいたのではないかと思うけ …

西川が見せた一発にファンも称賛の声「毎度毎度カッコ良すぎんだろ」

西川が見せた一発にファンも称賛の声「毎度毎度カッコ良すぎんだろ」

9月14日に行われた阪神対広島の試合で、西川龍馬(広島)が一時勝ち越しとなる10号ソロを放った。この動画に多くのコメントが寄せられた。 9月14日に甲子園で行われた阪神タイガース対広島東洋カープの試合 …

20日に1、2軍全員PCR検査…鈴木本部長「防げることもあるが」

20日に1、2軍全員PCR検査…鈴木本部長「防げることもあるが」

3選手が新型コロナウイルス陽性と判定された広島の鈴木清明球団本部長が取材に応じ、20日に1、2軍の選手、首脳陣、スタッフ全員にPCR検査を実施することを明かした。 試合前に「感染拡大防止特例2021」 …