カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

巨人「人的補償逃れ」の『ワル知恵』は無駄骨?FA戦線は、苦戦予想

2022年10月26日

巨人「人的補償逃れ」の『ワル知恵』は無駄骨?FA戦線は、苦戦予想

「上原浩治」でも疑惑の過去

プロ野球巨人は10月23日に梶谷隆幸外野手、高橋優貴投手、平内龍太投手ら11選手を自由契約にすると発表した。いずれも解雇ではなく、育成選手として再契約する方針という。故障からのリハビリ組中心とはいえ、前代未聞の大量“解雇”からの育成再契約との方針に「フリーエージェント(FA)での選手獲得に伴う人的補償から逃れるための悪知恵ではないか」と批判の声が上がっている。

さる在京セ・リーグ球団幹部は、今後の巨人の出方を予想しつつ問題点を指摘する。

「日本シリーズが終われば、FA宣言選手との交渉が可能になる。巨人は恐らく人的補償が発生するA、Bランク(Aは旧所属球団で年俸3位以内、Bは年俸4~10位)のFA選手が取れる時に備えているのだろう。相手球団が人的補償で巨人の選手を要求できるのは支配下選手からで、育成選手は含まれない。支配下選手では主力などは取られないようにプロテクトし、梶谷らは故障を大義名分に一旦、育成選手に避難させておいて、いずれ支配下選手に戻すという段取りだと思う。ルール違反ではないとはいえ、この手法が常態化すれば、資金力がある球団に選手を集中させないという戦力均衡を目指した人的補償制度が形骸化してしまう」

巨人では過去にも似たような疑惑が取り沙汰されたことがある。2018年オフ、広島から丸佳浩外野手、西武から炭谷銀仁朗捕手(現楽天)をFAで獲得したのだが、その前に上原浩治投手(引退)を自由契約にし、広島、西武両球団にプロテクト名簿を提出した直後に上原と再契約を結んだ。自由契約は手術を理由にしていたが、わずか1ヵ月余りで不可解な復帰に至った。

さらに20年オフにはドラフト1位のルーキーだった堀田賢慎投手を、トミー・ジョン手術を理由に育成契約に切り替えた。いずれも当時、「人的補償逃れ」との見立てがあっただけに、この幹部の分析は信憑性を帯びる。

巨人の“トラウマ”

又吉克樹投手(中日→ソフトバンク)一人しか動かなかった昨オフのFA市場に対し、今オフは阪神の西勇輝投手、西武の森友哉捕手、楽天の浅村栄斗内野手、日本ハムの近藤健介外野手ら近年になく、有力な候補選手が目白押しだ。巨人はFA選手を取らずに今季を「育成のシーズン」と位置づけていたが、原政権下では初めてクライマックスシリーズ進出を逃したことで、今オフに向けてA、B両ランクで最大2枠のFA選手を使い切るなどの大補強に方針転換するとの観測が早くから浮上している。

そこでネックになるのが人的補償だ。球界屈指の巨大戦力を誇る巨人は過去、28人のプロテクト名簿から外さざるを得なかった有力選手を取られてきた。

「最たる例は13年オフの一岡(竜司投手)。大竹(寛投手)のFA移籍に伴い、広島に移籍した。新天地ではリリーフとしてリーグ3連覇に貢献された苦い記憶がある。18年オフは内海(哲也)、長野(久義)と生え抜きの幹部候補生を同時に抜かれ、貴重な戦力とともにチームの精神的な柱を失っている」(巨人担当記者)

こうした球団としてのトラウマゆえ、原辰徳監督は人的補償制度の撤廃を持論としてきた。

「内海と長野の流出を踏まえ、19年オフには『なくす必要がある』と公言したが、各球団で温度差があるテーマで制度変更の機運は高まらなかった。それならと今オフはルールの抜け道を突く手を打ったと思われる」(パ・リーグ球団の編成担当)

「江川事件」にも通底

しかし、育成選手の使い方が本来の趣旨とは全く異なる。人的補償逃れの隠れ蓑ではないはずだ。

「巨人が大量の自由契約選手を発表したのは日本シリーズの真っ最中だった。球界最高のイベントの陰であえて目立たないようにした意図が感じられる。ハレーションを最小限に抑え、このまま押し切ろうという魂胆も窺える。10月17日にはオリックスがトミー・ジョン手術を受けたばかりのドラ1位の新人の椋木(蓮投手)を育成契約にする方針を発表した。他球団でも疑惑の契約が出た後で、巨人が自らの処置を正当化しようとしているようにも見える」(同)

今年はペナントレースで、夏場に新型コロナウイルスによる大量の感染者を出したヤクルトが試合を強行され、大型連敗を喫した。対照的に巨人は試合が中止となり、態勢を整える猶予を与えられた。この時も両チームの扱いの不公平感に反発が相次いでいる。「ルールの盲点を突くのは江川事件からの巨人の十八番。法や規則に抵触しなければ許されるとのスタンスは(今夏に起きた)坂本の女性スキャンダルにも通じるものがある」(遊軍記者)

それにしても、巨人がここまで周到に備えるからにはFA選手、それも人的補償が発生するA、B両ランクの選手獲得に目星が付いているということか。10月20日のドラフト会議で1位指名した高松商高の浅野翔吾外野手も即戦力ではない高校生だけに、これも巨人にFA戦線で勝算があるとの論拠になっている一方で、今オフのFA市場での巨人の苦戦を予想する声は少なくない。

「阪神の西はオリックス時代に(新監督の)岡田(彰布)監督と確執があったが、岡田監督は不可欠の戦力だとフロントに残留を熱望している。そもそも巨人と阪神の間でのFA移籍は避けるとの不文律に近いものが存在してきたから一筋縄ではいかない。(大阪桐蔭高出身の)西武・森は地元が本拠地で、少年時代にジュニアチームに所属していたオリックス移籍説が根強い。浅村には楽天残留の可能性が消えない。巨人が圧倒的優勢になっていないのは、一昔前と違って他球団の選手を惹き付ける巨人のブランド力が落ちていることも大きいだろう」(前出のパ球団編成担当)

FA選手獲得がゼロに終われば、人的補償を逃れようと画策した悪印象だけが残り、策士策に溺れるとなりかねない。

(※引用元 デイリー新潮

関連記事

CSラスト1枠どうなる?3~6位球団すべての自力CSの可能性消滅

CSラスト1枠どうなる?3~6位球団すべての自力CSの可能性消滅

セはヤクルトの優勝とDeNAの2位が確定。一方、3位以下は確定せず、前日まで巨人に点灯していたクリンチナンバー3が消滅し、3~6位球団すべての自力CS進出の可能性が消滅する珍事になった。 これは、3位 …

「ユニフォームがかっこいい」ランキング…1位は「カープ」に決定!

「ユニフォームがかっこいい」ランキング…1位は「カープ」に決定!

プロ野球ファンにとって、チームを象徴する存在であるユニフォーム。野球観戦の際に着れば、チームの一員になったかのような一体感も生まれますよね。そんなユニフォームは、12球団それぞれ全く異なるユニークなデ …

日本ハム・中田翔の巨人移籍を発表!暴行問題で出場停止、処分は解除

日本ハム・中田翔の巨人移籍を発表!暴行問題で出場停止、処分は解除

暴行問題の1、2軍全試合の出場停止処分も解除された 日本ハムは20日、中田翔内野手が巨人へトレード移籍することで合意したと発表した。日本ハムで暴行問題を起こし、日本ハムから受けていた1、2軍全試合の出 …