カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

来季捕手1本の坂倉「学ぶところたくさん」、新任コーチに捕手道学ぶ

2022年10月28日

来季捕手1本の坂倉「学ぶところたくさん」、新任コーチに捕手道学ぶ

聞いて、見て、話す-。広島坂倉将吾捕手(24)が2人の新任コーチとの対面を心待ちにしている。今季主に三塁で全試合出場も、来季は捕手専任が決まった。そんな中で前阪神バッテリーコーチの藤井彰人氏(46)がヘッドコーチ、現役時代ともにプレーした石原慶幸氏(43)がバッテリーコーチに就任。入閣した元捕手の両コーチから技を吸収して、捕手としての成長の糧とするつもりだ。

正捕手道を学ぶ。来季捕手専任の坂倉は、鍛錬の日々となる来月上旬からの秋季キャンプを心待ちにする。主に三塁で自身初の全試合出場から、来季は捕手1本。すでに取り組む捕手の技術練習は、秋季キャンプで本格化する。来季の新井新体制は、石原新バッテリーコーチとともに、藤井新ヘッドコーチと、捕手出身コーチが2人となる。

坂倉 これまで植田さん、倉さんにいろいろなことを教わってきたので、自分に合うことを探していきたい。どういうことを教えてもらえるのか、そこはワクワクしています。

20年までともにプレーした石原氏は背番号31を受け継いだ先輩でもある。リード面のほか、キャッチングにスローイング、目配り気配りができる捕手だった。積極的に助言を求めていくつもりでいる。ヘッドコーチとなる藤井氏とは会見日に対面。他球団から見た視点から得られるものもある。

「それは絶対に大きいと思う。ずっとAクラスに入ったチームでやられていた方でもありますし、学ぶべきところはたくさんあると思う」。ポストはヘッドコーチも、他のコーチや選手への話し方や導き方などは見て学ぶこともできる。

秋季練習では、ブランクを埋める作業に余念がない。「まだまだ技術が足りなかったところもある。レベルアップできるように」。グラウンドで技術練習をしながら、家に帰れば広島投手陣の映像をチェック。今季の試合の投球を見ることで、理解しようとしている。気になることがあれば、ノートに書き記す。

「キャンプでは球を受けることもできるので、まずは投手と話をしたい。しっかり考えを聞いて、聞かれたときに自分の意見を言えるように」。バッテリーの関係性構築は球を受ける前から始まっている。今オフは聞いて、見て、話す-。捕手としての必要な能力を養っていく。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

末包昇大、長打増へ打球角度が課題!手本は新井監督「似たような…」

末包昇大、長打増へ打球角度が課題!手本は新井監督「似たような…」

広島末包昇大外野手(26)がプロ2年目の来季、外野の一角取りを目指す。フェニックスリーグを終え、4日からマツダスタジアムでの秋季練習に合流。同リーグでチームトップタイの3本塁打を残し「長打をどれだけ打 …

新外国人・クロンがコザ新球場で『初』の特大150メートル場外弾!

新外国人・クロンがコザ新球場で『初』の特大150メートル場外弾!

広島の新外国人、ケビン・クロン内野手(27)=前ダイヤモンドバックス=が6日、沖縄キャンプ第2クール初日のランチ特打で推定飛距離150メートルの特大の当たりを放った。場外弾は2014年に開場したコザし …

胃がん発見から2年、復活を目指す赤松の現在地「まだ本物じゃない」

胃がん発見から2年、復活を目指す赤松の現在地「まだ本物じゃない」

手術前に比べ体重、筋力はほとんど変わらない数値も「1軍のレベルには達していない」 胃がん発見から2年が経過し、1軍復帰を目指す男がいる。広島の赤松真人外野手。2軍では若手に交じり汗を流し、限られた出場 …