カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

石原1軍コーチ苦笑い、就任要請は…受諾するかの「選択権なかった」

2022年10月30日

石原1軍コーチ苦笑い、就任要請は…受諾するかの「選択権なかった」

来季から広島の1軍バッテリーコーチを務めるOBの石原慶幸氏(43)が29日、マツダスタジアムで就任会見に臨んだ。「打てる捕手」がそろう中、「勝てる捕手」を中心とした再建に意欲。会沢翼捕手(34)の「復調」と坂倉将吾捕手(24)の「成長」を同時に進め、盗塁阻止率12球団ワーストに終わった捕手陣を強化していく方針を示した。

自らの現場復帰は、あずかり知らぬところで決まっていた。石原氏は盟友と言える新井監督から電話で伝えられた。「(自分が)監督をするから(石原氏が)コーチやるよ」。2人の信頼関係が見える就任要請に「(受諾するかの)選択権が(自分に)なかった」と苦笑いするも、「カープに恩返しをしたい。迷いはなかった」とすぐに腹は決まった。

捕手次第でチームは再建できるとみている。「打てて守れる捕手は、素晴らしいと思う。だけど、勝てる捕手が私の中で目標とする捕手像。目の前の試合や1年間通して、勝ち切れる捕手を目標にして頑張ってほしい」。会沢、坂倉、磯村ら打力を売りとする捕手がそろう一方、今季の盗塁阻止率・204は12球団最低。現役時代に高い守備力で16年からのリーグ3連覇を支えたように「勝てる捕手」を求めた。

来季の捕手陣は、今季打率・207に低迷した会沢が復調を期し、来季から捕手一本で起用される坂倉が正妻奪取を狙う構図。「会沢選手はいろんな経験、知識を持った選手で離脱してもらっては困る。坂倉選手も磯村選手もいる。みんな外れてもらっては困る選手」と言及し、「会沢の復調」と「坂倉の成長」を同時並行で進めながら競争を活性化させていく構えだ。

「誰か1人が(正捕手として)座ってくれたらいいのかなと思う気持ちもあるけど、ただ今の野球は、そうではないというのもある。みんなが“よしやろう!”という気持ちで来てくれると思うので、様子を見ながらやっていきたい」。捕手陣が転換期を迎えつつある時期でのコーチ就任。現役時代同様に、冷静に最善の判断を下す。(河合洋介)

<石原と一問一答>

――勝てる捕手に必要なことは。

「まずは自分たちの投手を知ること。知った上で目の前の試合から1年間通して我慢強く戦ってほしい。諦めることなく、我慢強く戦うことができれば、勝ちにつながると思う。みんな同じ気持ちを持ってやってほしい」

――捕手一本での起用になる坂倉をどのようにして鍛えるか。

「捕手をしていなかったことで感覚や動きにブランクがあると思う。このオフを有効的に活用し、また(今季)三塁を守って得たものも生かしてほしい」

――今季不振の会沢は。

「まだまだ年齢的にも老け込む年ではない。もう一度心と体のケアをしっかりとして、来春に備えてほしい」

◇石原 慶幸(いしはら・よしゆき)

1979年(昭54)9月7日生まれ、岐阜県出身の43歳。県岐阜商から東北福祉大を経て01年ドラフト4巡目で広島入り。リーグVの16年は正捕手を務めベストナイン、ゴールデングラブ賞。20年引退。通算1620試合で打率・236、66本塁打、378打点。09年WBC日本代表。右投げ右打ち。

《球団本部長も期待「いいチームをつくってくれる」》

鈴木清明球団本部長は石原氏のコーチ就任に「今の選手のことも知っているし、外から見た(チームの)弱みも分かる。いいチームをつくってくれるのではないか」と期待を寄せた。20年の引退から3シーズンぶりの現場復帰で即1軍を担当。「あの監督には、このコーチしかいない。(2人は)セットだ。新井監督の時代になれば、石原が一番合うだろうと考えていた」と就任要請の裏側を明かした。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

残留濃厚!FA権を持つ長野が、11月1日に球団と再交渉で最終決断

残留濃厚!FA権を持つ長野が、11月1日に球団と再交渉で最終決断

広島は海外FA権を持つ長野久義外野手が1日に鈴木球団本部長との再交渉をへて最終決断を下す。 10月11日に球団と初交渉し、佐々岡新監督からは残留を熱望する電話をもらった。 この日マツダスタジアムで練習 …

2軍コーチ就任の福地寿樹、機動力野球の復活へ!「原因は必ずある」

2軍コーチ就任の福地寿樹、機動力野球の復活へ!「原因は必ずある」

広島で来季コーチを務める福地寿樹氏が28日、マツダスタジアムで就任会見を行った。ポストは2軍打撃兼走塁コーチとして、攻撃面全般を担当する。06年開幕前に西武にトレード移籍して以来の古巣復帰。「久しぶり …

25年ぶり優勝時の選手会長・小窪を自由契約に…本人の意思を尊重!

25年ぶり優勝時の選手会長・小窪を自由契約に…本人の意思を尊重!

広島は5日、小窪哲也内野手(35)を自由契約とすると発表した。 球団は「次年度の契約について話し合いを行った結果、本人の意思を尊重し、自由契約という形をとることになった」と説明し、本人の意思を尊重して …