カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

助っ人は尻すぼみ、秋山翔吾の『電撃加入』も…カープの補強を検証!

2022年11月4日

助っ人は尻すぼみ、秋山翔吾の『電撃加入』も…カープの補強を検証!

マクグルームは4番として本塁打&打点でチームトップと健闘

広島は今季、4年連続Bクラスとなる5位に終わり、3年間監督を務めた佐々岡真司氏が退任した。チーム打率はリーグトップの.257だった一方で、チーム防御率は同5位の3.54だった。昨オフや今季途中に補強した選手の結果はどうだったのか。ここでは“答え合わせ”をしてみる。

投手ではドリュー・アンダーソン投手とニック・ターリー投手を補強した。アンダーソンはデビュー戦となった5月5日巨人戦で6回無死まで無安打無失点の快投。結局7回無失点で来日初勝利を挙げる最高の幕開けだった。しかしその後は勝ち星を伸ばせず、3勝4敗で防御率3.60。8月7日に出場選手登録を外れてからは出番がなかった。救援左腕のターリーは45試合の登板で14ホールド、防御率3.11だった。

打率.272、17本塁打74打点のライアン・マクブルーム内野手は健闘したといえそうだ。来日が遅れた影響で開幕には間に合わなかったが、出場した128試合中、113試合で4番に座って打線を牽引。本塁打、打点はいずれもチームトップだった。

そして6月に“電撃補強”したのが秋山翔吾外野手だ。西武時代に最多安打4度、首位打者1度を誇り、2020年に海を渡ってレッズに加入。メジャーでは142試合で打率.224、0本塁打21打点、OPS.594でパドレス傘下マイナーを経て日本に復帰した。広島では初出場した7月8日中日戦で2安打1打点と上々のスタートも、9、10月は計10試合で打率.143と落ち込み、最終的には打率.265だった。

新井貴浩新監督を迎え、首脳陣の顔ぶれも大きく変わって挑む来季。チームの命運はオフの補強の結果が大きく関わってくるだけに、どのような選手を獲得するのか楽しみだ。

(※引用元 Full-Count

関連記事

森下暢仁、奥川恭伸、佐々木朗希の気になる初勝利をシミュレーション

森下暢仁、奥川恭伸、佐々木朗希の気になる初勝利をシミュレーション

オープン戦も始まり、いよいよ開幕が近づいてきた。今年の注目のルーキー投手といえば、いの一番で指名された森下暢仁(広島)、奥川恭伸(ヤクルト)、佐々木朗希(ロッテ)の3人だろう。 彼らの現状から初勝利ま …

鈴木誠也が高校球児にエール!「次のステージで活躍できる準備を…」

鈴木誠也が高校球児にエール!「次のステージで活躍できる準備を…」

夏の全国高校野球選手権大会が戦後初めて中止になったことを受け、広島・鈴木誠也外野手(25)が球児にエールを送った。 「僕個人としては、開催してあげたい。でも決まった以上は変わらないだろうし、もう夏の大 …

リーグ4連覇が絶望的なカープ、現実味を帯びる『暗黒時代』の再来…

リーグ4連覇が絶望的なカープ、現実味を帯びる『暗黒時代』の再来…

広島のリーグ4連覇が風前の灯火となった。広島は2019年8月29日、東京ドームで巨人と対戦し4-12の大敗を喫した。 エース大瀬良大地投手(28)が3回途中10失点の大炎上。3回までに12点を献上し早 …