カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

捕手専念の坂倉「まず捕る、捕らなきゃ投げられない」/秋季キャンプ

2022年11月7日

捕手専念の坂倉「まず捕る、捕らなきゃ投げられない」/秋季キャンプ

来季は捕手でフル出場?広島坂倉将吾捕手(24)が、秋季日南キャンプでブルペンにこもる。新井新監督の方針で、来季は捕手に専念することに。この日打ち上げたマツダスタジアムでの秋季練習でも連日、ブルペンで投手の球を捕り、捕手としての感覚を戻していった。秋季キャンプも「まずは捕ること。捕らなきゃ投げられないですし、そこに関しては重点を置いてやりたいなと思います」と狙いを定めた。

今季は一、三塁、捕手を務めて全試合に出場した。「今季、全試合出たのでつらさはわかりますし、これが捕手だったら…と何回も考えましたけど、そんなにこちらが身構えることもないというか。(フル出場を続ける上で)やらなきゃいけないこと、やった方がいいことを今年見つけられたので、そんなにあわてていないですけどね。その面に関しては。ただオフはオフでやらなきゃいけないこともありますし、ちゃんと走ったり、強化したりとか、それはちゃんとやりたい」とオフも準備に励む。

正捕手・会沢という高いカベが、チーム内にどっしりとそびえる。「まわりにいい選手がいっぱいいる。(会沢)アツさんだけを抜けばいいという話ではないと思うので。ちゃんとしなきゃいけない」と本人は緊張感を持って臨むが、今季2割8分8厘、16本塁打、年間155安打を放った打力はチームにとって不可欠。持ち前の攻撃力を最大限に生かせる方法を新監督が考え抜いての捕手専念案だけに、坂倉もできる限りの準備で応えていく。【堀まどか】

○…林が巻き返しを誓い、マツダスタジアムでの秋季練習を打ち上げた。21年は102試合で10本塁打、40打点を挙げたが、今年は1軍出場なし。「悔しいという気持ちが一番」という思いを抱え、フェニックスリーグで守備力向上、最短距離でバットを出す打撃練習に取り組んだ。今季119試合で三塁を守った坂倉が、来季は捕手に専念。「自分が打ったり守ったりしないと出られないので、まずはそこ。必死にがむしゃらにアピールするだけです」と力を蓄え、定位置奪取を狙う。

○…野間が、野手キャプテンを務めた1年を振り返った。「勝つために、という感じで1年間できた。いい経験でした」とCマークの重みを感じながら、チームの低迷時には大瀬良や堂林らと打開策を話し合い、力をつくした。秋季日南キャンプでは「打つ方に関しては、強く捉えられるように。今年は盗塁は(7個と)走れていない結果が出ているので、秋に実戦があれば積極的に試しながらやっていきたい」と技術向上に励む。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

床田が阪神・近本に宣戦布告!「勝負します、四球が一番面白くない」

床田が阪神・近本に宣戦布告!「勝負します、四球が一番面白くない」

広島・床田寛樹投手(27)が4日、マツダスタジアムの投手指名練習に参加し、5日の阪神戦(甲子園)に向けてキャッチボールなどで調整した。今季7勝と好調の左腕は29試合連続安打中の阪神・近本光司外野手(2 …

誠也が『肩組み』集合写真!ファン複雑も「ずっと、応援し続けます」

誠也が『肩組み』集合写真!ファン複雑も「ずっと、応援し続けます」

広島鈴木誠、大瀬良ら“肩組み”集合写真 ファン複雑も「ずっと応援し続けます」 広島の鈴木誠也外野手が3日、公式ツイッターを更新し、大瀬良大地投手らとの集合写真を公開した。「首位打者と最高出塁率のタイト …

床田、母へのプレゼントで『制球難』を露呈「シュート回転なんです」

床田、母へのプレゼントで『制球難』を露呈「シュート回転なんです」

17日の阪神戦(甲子園)で先発予定の床田寛樹投手(24)が、思わぬ“制球難”ぶりを告白した。 12日のDeNA戦(マツダ)は登板2日後の“あがり”だったため自宅で休養したが、その日にナインが着用したピ …