カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

野間、志願の秋季キャンプ参加「行きます、やりたいことがあるので」

2022年11月7日

野間、志願の秋季キャンプ参加「行きます、やりたいことがあるので」

広島はマツダスタジアムでの秋季練習を6日に打ち上げた。野間峻祥外野手(29)は今季の収穫と反省を踏まえ、秋のテーマを打撃、走塁面のレベルアップに設定。

8日からは宮崎・日南での秋季キャンプに志願参加し、より高みをを目指して技術を磨く。視線の先にあるのは新井新政権下での定位置確保。「走」と「攻」を、定評ある「守」の域へ引き上げれば達成可能だ。

10月10日に始まった秋季練習最終日。期間中に今季取得した国内FA権行使を封印し、来季の残留を決めた野間は気持ち新たにメニューを消化していた。休養日を含め、28日間にわたって流した秋の汗。表情は明るい。

「チームでというよりは個人で、キャンプに向けてしっかり動かせた。来季に関しても考える時間が多く取れたので、課題として向き合っていけたら」

7日に宮崎・日南に入り、8日から秋季キャンプに志願参加する。残留の報告をした際、下半身のコンディション面を考慮する新井監督から不参加でもOKと伝えられたものの、自ら「行きます。やりたいことがあるので」と即答した。

その一つが盗塁だ。7度の成功に対し、5度も失敗した今季。その俊足をもってすれば物足りない。ましてや新監督は、走り回る機動力野球の復活を掲げる。赤松1軍外野守備走塁コーチや福地2軍打撃兼走塁コーチら、その道のスペシャリストに教えを請う。

「いかにスタートを切るか。それと中間走に入る時の体勢。僕は上に浮きやすいので」

打撃では今季、一定の収穫があった。8年目で初めて出場85試合を上回る99安打をマークし、打率・312。自己最多となる21本の二塁打を放つ一方で、サク越えは0本に終わった。そこでツボにはまれば一発長打になるよう、安打量産型スイングに改良を加える。

「もう少し角度がついてくれば。ほんと感覚の部分です。今は点でコンと打っている。もう10~20センチ前で捉えるというか、まだ滑っている打球が多くて」

より高みを目指すチャレンジ。定評のある守備力に打力と走力が追いつけば、念願の定位置奪取が現実味を帯びる。無論、その前提となるのはコンディション。昨年2月のフェンス激突による右膝痛は、今季も走や攻に影響したことがあった。

「今季はコンディション面で思い切っていけたか…といったら、そうじゃない。そこを整えるのも大事」

1軍でフル稼働してこそ、より高まる存在価値。実りの秋に技術を磨き、29歳は来季のブレークをにらむ。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

背番号を発表!九里「12」→「11」、坂倉は石原の背番号「31」

背番号を発表!九里「12」→「11」、坂倉は石原の背番号「31」

広島は20日、来季、背番号を変更する選手を発表した。 九里亜蓮投手(29)は、「12」から「11」に変更。11番は、過去に池谷公二郎が12年間背負った伝統ある番号。福井が18年に楽天にトレード移籍して …

カープ・大瀬良が『初』の開幕投手へ!「日→土→金」法則で、決定的

カープ・大瀬良が『初』の開幕投手へ!「日→土→金」法則で、決定的

広島大瀬良が9日、DeNAとのオープン戦に先発する。前回3日から中5日での先発となり、2日に先発したジョンソンの登板日を飛ばす起用は、29日開幕戦登板を見越したものとみられる。 ケガによる登板順変更の …

秋山の打棒がいよいよ本格復活?積極性を増すスイングに膨らむ期待!

秋山の打棒がいよいよ本格復活?積極性を増すスイングに膨らむ期待!

背番号9が頼もしさを増している。 広島カープの秋山翔吾が好調だ。8月最初のゲームとなった2日のDeNA戦で2安打を放ち、NPBに復帰して常時出場を果たして以降、初めて打率を3割に乗せた。まだ打席数が少 …