カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良「きつい思いしていかないと」!フォームに力強さプラスさせる

2022年11月10日

大瀬良「きつい思いしていかないと」!フォームに力強さプラスさせる

広島大瀬良大地投手(31)が、自己改革に取り組んでいる。今季は8勝9敗、防御率4・72に終わった。「成長できるようにいろいろ考えて、いろんなことを試して、きつい思いをしていかないといけない」。根本から自分自身と向き合っている。

フォームから変える。身体を絞ってしなやかなフォームを求めてきたが、来季は力強さをプラスさせる。シーズン中の体重87~88キロからすでに92キロまで増量。顔の前まで上げた左手からリードして投げていた形を下半身主導に戻す。

「いい感じで投げられてはいたんですけど、ちょっと行き詰まっていたところもあった。(投手2冠の)18年のようなリズムを取り戻しながらやっていこうかなと」。原点に立ち返る。

プレートの位置も三塁側から一塁側に変える。今季右打者の被打率は昨季の2割3分4厘から3割2厘に悪化。右打者の外角球にうまく力が伝わっていない感覚があった。また、右打者の内角に角度が生まれ、改良を重ねるツーシームの効果も増すと考える。

「傾斜で慣れさせて、景色と感覚をまずは染み込ませるように」と、10月からブルペンでキャッチボールを続ける。マツダスタジアムだけでなく、広島市内の施設や県外のクリニックに通うなど、来季に向けた準備に余念がない。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

中村奨成が『1軍』初出場果たせず、苑田スカウト「体ができないと」

中村奨成が『1軍』初出場果たせず、苑田スカウト「体ができないと」

広島・苑田聡彦スカウト統括部長(74)が、27日に広島市のマツダスタジアムでのスカウト会議後に取材に応じ、2018年のドラフト1位・中村奨成捕手(20)にハッパをかけた。 「順調といっても、1年半休ん …

龍馬「僕がちゃんとしないとあかん」、誠也のメジャー挑戦で責任感!

龍馬「僕がちゃんとしないとあかん」、誠也のメジャー挑戦で責任感!

広島・西川が来季の全試合出場を誓った。今季は新型コロナ陽性者との接触で自宅待機しただけでなく、不振での欠場も経験し137試合に出場。来季はポスティングシステムで大リーグ移籍を目指す鈴木誠がいなくなる可 …

鈴木誠也の2020年、「神ってる」打棒で責任と期待に応えられるか

鈴木誠也の2020年、「神ってる」打棒で責任と期待に応えられるか

プロ野球は春季キャンプを目の前にし、新シーズンへ向け、選手たちの自主トレのニュースで賑わっている。その中で、カープの鈴木誠也も、21日から広島県廿日市市内の練習場に場所を移し、若手選手たちのトレーニン …