カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

1リーグ制阻止!選手会の激闘を振り返れば、カープを応援したくなる

2022年11月30日

1リーグ制阻止!選手会の激闘を振り返れば、カープを応援したくなる

【君島圭介のスポーツと人間】武田信玄は治水で国をつくったという。甲府盆地が水害の被害に遭うと「信玄堤」を考案し、城下町と耕地を河川のはんらんから守った。治水事業は国の背骨だ。目前の利益を求め、権力者が水の流れを勝手に変えれば必ずしっぺ返しが来る。

04年、近鉄とオリックスの合併に端を発し、球界再編騒動が起きた。このとき日本野球機構(NPB)は10球団1リーグ制の流れをつくろうとしていた。日本プロ野球選手会による必死の抵抗の最中、某球団オーナーによる「たかが選手が」発言も飛び出した。

12球団2リーグ制の維持は選手会の功績だが、1リーグ制ありきの熱病に冒された経営陣の中、広島の松田元(はじめ)オーナーが「もっと慎重になるべき。あまりにも経営者サイドでものを見すぎだ」と発言したことは忘れられない。「経営陣にもこんな考えの人がいるのだ」と救われた。

NPBと選手会の対立が転機を迎えたのは12年の第3回WBCをめぐる騒動だった。不当な利益配分を理由に選手会が7月22日、不参加を決議。そして、決議を撤回する9月4日まで45日間。選手会とNPBは昼夜を問わず労使折衝を重ねた。WBCの利益配分はきっかけでしかなかった。当時の松原徹選手会事務局長は「一球団の利益を追求する時代ではない。NPBにお金が集まる仕組みをつくるべき」と主張し、NPBにリーダーシップを求めた。

労使交渉を重ねる中で、NPB側にも選手会と理想を共有できる人物が現れた。決議を撤回した日、新井貴浩会長(当時阪神)は「NPBの中には真剣に行動してくれた人もいた」と、島田利正国際関係委員長(当時日本ハム球団代表)=現女子ソフトボールJDリーグチェアマン、の名前を挙げている。

12年9月4日は選手会とNPBの対立構図が、ともに前を向く共闘スタイルに変わる分岐点となった。選手会はNPBに「現役ドラフト」を提案し、12月9日に第1回が開催される。さらに移籍市場の活性化を目的として「マイナーリーグFA」の導入提案も検討しているという。

激流を眺めて文句を言うのではない。選手会は現役選手の意見を集め、顧問弁護士とともに案を出し合い、球界がより豊かになるために「制度」という新しい川の流れをつくろうとしているのだ。

再編騒動では古田敦也会長が、WBC不参加決議では新井会長が体を張って球界を守った。12年シーズン、新井会長は打撃成績を大きく落とした。試合直前までNPBとの交渉に時間を使った影響もあっただろう。

球界再編騒動の最中、選手に寄り添う発言をした広島の松田オーナーは阪神を自由契約になった新井をチームに呼び戻した。そして、来季からは指揮も執ることになった。あの戦う選手会長が監督になるのだ。広島には球界の「はんらん」を治めた信玄たちがいる。そう思えばやっぱり応援したくなる。(専門委員)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

巨人・上原、涙の引退会見「もうちょっとやりたかったなという思い」

巨人・上原、涙の引退会見「もうちょっとやりたかったなという思い」

現役引退を決断した巨人の上原浩治投手(44)が20日、都内ホテルで会見を行った。 異例のシーズン途中での現役引退を決断したベテラン右腕は冒頭、「本日をもちまして、21年間の現役生活を終えたいなと思いま …

清原氏がカブス・誠也の活躍を分析、日本と違ってメジャーの投手は…

清原氏がカブス・誠也の活躍を分析、日本と違ってメジャーの投手は…

西武、巨人、オリックスで活躍した清原和博氏(54)が2日、自身のYouTubeチャンネルを更新。メジャーリーグ・カブスの鈴木誠也外野手(27)について語った。 「(鈴木は)めちゃめちゃ評価高いじゃない …

人類最速169キロ左腕のバッキバキボディに反響「まさにミサイル」

人類最速169キロ左腕のバッキバキボディに反響「まさにミサイル」

チャップマンが公開した筋トレ写真が年末年始のファン釘付け 米大リーグは年末年始で各球団の動きも小休止していたが、そんな時期に驚異の肉体でファンの視線を釘付けにしたのがヤンキースの守護神アロルディス・チ …