カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

遠藤、球速アップで10勝&規定投球回クリアだ!オフ肉体改造で増量

2022年12月6日

遠藤、球速アップで10勝&規定投球回クリアだ!オフ肉体改造で増量

広島・遠藤淳志投手(23)が5日、肉体改造に取り組んでいることを明かした上で、2桁勝利と規定投球回到達を来季の目標に掲げた。直球の平均球速を上げるために、自己最高となる体重90キロ台を目指して増量中。新井監督から評価されている直球をさらに磨くことで、今季伸び悩んだ勝ち星を増やすことにつなげる構えだ。

今年の遠藤はこれまでのオフと比べ、最もウエートトレーニングに時間を割いている。「ここまで重点的にしたことはない」と言う本格的な肉体改造。この日のマツダスタジアムでの自主練習でもトレーニング室に長時間こもった。体重はシーズン中の83キロから88キロまで増えており、今オフの間に90キロ台に乗せる算段。そこには直球へのこだわりがある。

「球の質を変えたい。体重を上げて筋肉量が増えれば、球も速くなると考えた」

求めているのは平均球速の向上だ。今季、投球全体の50・4%を占めた直球だが、平均球速は142キロにとどまった。ただ立ち上がりに限れば、シーズン終盤に146キロを計測する試合もあったと言う。「もしかしたらいけるかな…と思った」。そこで目標とする平均球速は、140キロ台後半に設定している。

「爆発力、威力のある直球を投げたい。球の質で勝負するタイプだけど、プラス平均球速が上がれば、怖いものはないかなと思う」

球速の数値こそ140キロ台前半でも、打者を差し込むほど直球には切れがある。新井監督からは、その長所を評価され「高めでもいいから、強い球を投げなさい。とにかく腕を振ってくれ」と助言を受けている。直球を磨けば、ストライクゾーンの四隅を突くことを心がけつつ、より大胆な勝負ができるようになると青写真を描く。

「コースに決めるだけではなく、僕の勢いのある球で勝負していいのだな…と思えた。新井監督の言葉で、今のオフの取り組みができていると思います」

今季は先発17試合で4勝。安定感を見せ続けながら、白星は伸び悩んだ。「来年は数字にもこだわりたい。まずは2桁勝利(が目標)。規定投球回をクリアできれば、おのずと白星も伸びてくる」。2桁勝利と規定投球回を達成できれば、いずれも自身初となる。高卒5年目の今季に飛躍し、来季は先発ローテーションを死守する立場。真価が問われるシーズンへ向け、最も自信のある直球を磨いて臨む。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

小園がブレーキ…今季ワーストの13打席連続無安打、連勝はストップ

小園がブレーキ…今季ワーストの13打席連続無安打、連勝はストップ

同点の8回に巡ってきた1死一、二塁。広島・小園は2球で追い込まれ、清水の3球目の外角低め直球にバットを出せなかった。コースいっぱいの厳しい球だった。「でも、ファウルで逃げたりしないといけなかった」。見 …

なぜ誠也の評価は高騰するのか?米国の声から見えた『真の強み』とは

なぜ誠也の評価は高騰するのか?米国の声から見えた『真の強み』とは

今季も好成績を残している広島・鈴木誠也外野手だが、ここにきて来季のメジャー挑戦への機運が高まっている。走攻守三拍子揃った実力は、これまでも注目されてきたが、今月に入ってから複数の海外メディアが鈴木の動 …

菊池涼、若ゴイ指南役に名乗り!新任・小窪コーチと一緒に巻き返しへ

菊池涼、若ゴイ指南役に名乗り!新任・小窪コーチと一緒に巻き返しへ

広島の菊池涼介内野手(31)が8日、広島市南区の球団事務所で契約交渉に臨み、現状維持の年俸3億円プラス出来高払いでサインした。攻守で一定の貢献を果たしても、新型コロナ感染による離脱などで「悔しい」と振 …