カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新入団会見で育成・名原の思い出に新井監督も爆笑「その時阪神に…」

2022年12月12日

新入団会見で育成・名原の思い出に新井監督も爆笑「その時阪神に…」

広島の新入団選手の発表記者会見が12日、広島市内のホテルで行われ、ドラフト1位・斉藤優汰投手(18=苫小牧中央)ら育成を含む新人10選手、松田元オーナー、新井貴浩監督が登壇。各選手がプロでの目標やセールスポイントを語った。

以下、育成選手3人と一問一答。

【育成1位・名原典彦外野手】

―セールスポイントは。

「足をいかしたプレーなので、広島に入ってもプレースタイルは変えずに頑張りたい。とにかく打ってからの一歩目を早く、というこだわりは持っていました。打撃もまだ非力なので、磨いていきたい」

―広島出身でカープの思い出も。

「小学校の時、旧市民球場だったんですが、そこでカープを見たのが思い出で。梵選手や天谷選手。その時、新井監督は阪神に…いらっしゃいましたよね…(新井監督は手で顔を隠して爆笑)。すいません。なのでその時は見れなかったのですが、その2人が印象に残っています」

―対戦したい投手は。

「瀬戸内高校の先輩である山岡投手と対戦したいです。今はまだ打てるイメージがないので、しっかり鍛えて頂きたいです」

【育成2位・中村貴浩外野手】

―セールスポイントは。

「長打を狙えるところ。いっぱりホームランを打てるようになりたい。当たったらスタンドに入れられる自信はあるので、確率を良くしていきたい。目標は吉田正尚選手。ホームランも打てて、率も残せる打者になりたい」

―名前が新井監督と同じ「貴浩」だ。

「名前を覚えてもらえるように。名前負けしないように頑張ります。1日1日いっぱい練習をして、早く支配下になれるように頑張りたい」

【育成3位・辻大雅投手】

―セールスポイントは。

「強気な投球と緩急を使ったところが持ち味です。(磨きたいところは)真っすぐの精度が良くないので精度を上げる事と、変化球のキレを高めたい。目標は今永投手。真っすぐで強気にインコースに投げたり、変化球で緩急を使っているので、目標にしています」

―対戦したい打者は。

「機会があれば、高校の先輩でもある鈴木誠也選手や、ヤクルトの村上選手。まずは1日でも早く支配下登録されるように頑張りたい」

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

20歳で結婚、小園に厳しい声「浮ついているようにしか見えない…」

20歳で結婚、小園に厳しい声「浮ついているようにしか見えない…」

本来なら正遊撃手候補として1軍にいなければいけない。プロ3年目の広島・小園海斗(20)だ。 若手の成長株でありながら、春季キャンプを2軍で送っている。 1年目から頭角を現すも… 報徳学園高 …

クレート氏はドミニカ帰国できず、単身赴任中の外国人は心配の日々…

クレート氏はドミニカ帰国できず、単身赴任中の外国人は心配の日々…

新型コロナウイルスの感染拡大の影響が日本から約1万3200キロ離れたドミニカ共和国まで広がっている。広島の人気通訳のヘンディ・クレート氏(36)が無念の表情を浮かべた。 「ドミニカ(共和国)への帰国が …

大瀬良大地、佐々岡監督からの食事オファーに「楽しみにしています」

大瀬良大地、佐々岡監督からの食事オファーに「楽しみにしています」

広島大瀬良大地投手(30)が佐々岡監督からの「オファー」を喜んだ。 シーズン後、指揮官は国内FA権を取得している大瀬良と九里の残留を望み、「一応2人には目の前で話をしました。食事にも行ける機会があれば …