カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

清原から「おい、ちょっと来い」ド緊張でベンチ裏へ…まさかの贈り物

2022年12月18日

清原から「おい、ちょっと来い」ド緊張でベンチ裏へ…まさかの贈り物

プロ4年目の2006年に巨人を退団した清原氏がオリックスに移籍

今季限りで現役を引退した坂口智隆氏が、レギュラーに定着したのはオリックス時代の2008年だった。同時期には球界の番長・清原和博氏ともプレー。ド緊張の日々が続いたが、今でも忘れられない出来事があった。“最後の近鉄戦士”と呼ばれた男の野球人生を振り返っていく連載の第8回は「レギュラー定着、清原和博との出会い」。

プロ4年目の2006年。チームに衝撃が走った。巨人を退団した清原和博がオリックスに移籍。甲子園のスターで、プロ野球でも歴代5位の通算525本塁打をマークした正真正銘の大砲と同じユニホームを着ることになり「PL学園、西武、巨人と全てのカテゴリーのスーパースター。まだぺーぺーだった自分は話しかけることすらできなかった」と当時を振り返る。

それでも、2007年に46試合に出場するなど徐々に主戦場を1軍の舞台に移すと、憧れのスターと接する機会も多くなっていった。徐々にチームに馴染んでいくと、ベンチで他愛もない会話ができるようになった。そんな中、あるシーズンの試合前に突然「ちょっと、こっち来い」とベンチ裏に呼ばれた。

ドキドキしながら清原が待つロッカールームに向かうと「これ、あげるよ。写真に撮られる時に光りが反射しないようになってるんや」と、1本のベルトを手渡された。マットブラックのバックルで当時、日本人ではイチローと清原の2人しか使用していなかった貴重なベルトだった。

ベンチ裏に呼び出され貰ったベルト、擦り切れるまで使い続け「また用意しとくな」

突然の呼び出しに緊張しつつも、まさかのプレゼントに大興奮。まだ1軍半だった自分が少し認められた気持ちになった。

「清原さんはメジャーの道具をたくさん持っていた。当時は日本人で使っている人がいなくて、それを見せてもらうのが嬉しかった。『それどこのやつですか?』『めちゃカッコいいですね』と興奮していたのを覚えてくれていたんだと。そういった会話をするのが本当に楽しかった」

大先輩から譲り受けたベルトは、すぐさま試合で使用した。外野でのダイビングキャッチ、一塁へのヘッドスライディング。本来なら“家宝”にするはずだったベルトは擦り切れるまで使い続けた。その姿をみた清原はどこか嬉しそうに「おう、また用意しとくな」と、再び声をかけてくれたという。

がむしゃらにプレーを続けた結果、2008年には142試合に出場し打率.278をマークし、ゴールデングラブ賞も獲得。レギュラーに定着した、この年に清原は現役を引退した。

「技術的な話しとかは僕が聞けるレベルじゃなかった。一言、一言が全て緊張しましたけど、一緒にプレーできたことは本当に嬉しかったし、感謝しています」

田口壮との自主トレで授かった金言「守備はアートだよ」

2011年には175安打を放ち最多安打のタイトルを獲得、守備では4年連続ゴールデングラブ賞とパ・リーグを代表する外野手に成長した。清原と共に感謝するのは2006年オフから合同自主トレを行っていた田口壮(現オリックス1軍外野守備・走塁コーチ)だ。

イチローと共にブルーウェーブの“最強外野陣”を担ったレジェンドからは「基本はもちろん、大事だけど自分で作り上げることも必要。守備はアートだよ」と、金言を授かった。当時、メジャーリーグで活躍していた大先輩と共に過ごした日々は「常に気をかけてくださった。守備に対する意識は大きく変わったし、タイトルを取れるきっかけにもなった」と感謝する。

走攻守でチームを引っ張る存在になると2012年の3月には「東日本大震災復興支援ベースボールマッチ」の台湾戦で初の日本代表に選出された。「1年、1年があっという間に終わっていったが成長できている実感はありました」。名実共に一流プレーヤーの仲間入りを果たした。

5年連続ゴールデングラブ賞、首位打者、最多安打を目指した2012年シーズンだったが、野球人生を左右する大怪我を経験することになる。(橋本健吾)

(※引用元 Full-Count

関連記事

野球殿堂入りの候補者に元広島エース黒田博樹氏、「番長」三浦大輔氏

野球殿堂入りの候補者に元広島エース黒田博樹氏、「番長」三浦大輔氏

野球殿堂博物館は1日、「2022年野球殿堂入り候補者」を発表し、プレーヤー表彰では新たに、メジャーや広島で活躍した黒田博樹氏(46)とDeNA現監督の三浦大輔氏(47)が候補者に加わった。 黒田氏は0 …

菊池、メットライフで球宴MVPに感激「自転車で来られるほど近い」

菊池、メットライフで球宴MVPに感激「自転車で来られるほど近い」

マイナビオールスターゲーム2021第1戦 (7月16日、全パ4-5全セ、メットライフドーム) プロ野球スター選手の祭典「マイナビオールスターゲーム2021」は16日、2年ぶりにメットライフドームで開催 …

「速くて見えない」名プレーヤー・高橋慶彦が驚愕した5人の名投手!

「速くて見えない」名プレーヤー・高橋慶彦が驚愕した5人の名投手!

村田兆治(元ロッテ) プロに入って、最初に「すごい!」と思ったのは村田兆治さん。初めて対戦したのは、プロに入ってまだ間もない頃のオープン戦だったんだけど、「これがプロのボールか」と思い知らされた。 & …