カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

秋山翔吾、本拠デビュー戦の4打席4三振は「3打席から足ブルブル」

2022年12月28日

秋山翔吾、本拠デビュー戦の4打席4三振は「3打席から足ブルブル」

広島の秋山翔吾外野手(34)が27日、文化放送の特別番組「秋山翔吾の打って守ってしゃべります」(後8・00)にパーソナリティーとして出演。日本球界に復帰1年目について振り返った。

6月30日に広島の入団会見を行った秋山は、7月8日の中日戦(バンテリンドーム)で初出場し、44試合の出場で打率.265、5本塁打、26打点の成績を残した。「やっぱりこれでは厳しいなという数字が残りました」と率直な思いを口にした。

ただ、1番に入ることが多かった西武時代と、3番に入った広島での違いも感じ取った。「3番は(走者を)還す打順に回ってくるし。こんなに得点圏打つのって楽しいんだと思った時もあった。

ライオンズの時は(1番として)塁に出ること。そして、還せたら、1番の仕事プラスアルファかなと思っていたんですけど、3番は出塁もそうなんですけど、いいところに回ってきたら還すというのが一番。その順番がちょっと頭の中で変わった」と秋山。

「(西武時代に3番に入ったときは)得意じゃないイメージがあったんですよ、まだつなごうとか思っちゃってたんで」と西武時代とは、思考の上で確実に変化が生まれた。

メジャー移籍を経ての日本球界復帰で注目度が高まったが、広島デビューとなった7月8日の中日戦は空振り三振スタート。さらに出場4試合目で、本拠地初出場となった同月12日のDeNA戦(マツダ)では4打席4三振を喫した。

「最初のマツダスタジアムの4三振スタート。3打席目からもう足ブルブル震えてましたもん。(中日とのデビュー戦も)ネクストまで普通だったんですよ。ネクストから打席行くまでの20歩くらいで、“あっ、足震えだしてる”って。自分でも緊張するんだなって思った」と素直な思いを口にしていた。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

堂林翔太「すごく愛着ある」、国内FA権を行使せず『残留』を発表!

堂林翔太「すごく愛着ある」、国内FA権を行使せず『残留』を発表!

広島堂林翔太内野手(30)が5日、今季取得条件を満たした国内FA権を行使せずに残留することを発表した。 球団との交渉を終えて「ここまで12年間、カープでやらせてもらって、育ててもらった球団でもあります …

森浦大輔が24歳の誕生日「栗林さんから、ヴィトンのキーリングを」

森浦大輔が24歳の誕生日「栗林さんから、ヴィトンのキーリングを」

広島・森浦大輔投手が15日、24歳の誕生日を迎えた。マツダスタジアムでの全体練習後に取材対応し「栗林さんから(仏のルイ・)ヴィトンのキーリングをいただきました。2週間ぐらい前ですかね」とはにかみながら …

森下暢仁、開幕投手照準「そこに向けて」自主トレでマエケンから薫陶

森下暢仁、開幕投手照準「そこに向けて」自主トレでマエケンから薫陶

広島の森下暢仁投手(23)が26日、マツダスタジアムの室内練習場で練習を公開し、キャッチボールやダッシュなどで約3時間汗を流した。 6日から24日まで沖縄県内で鈴木誠や堂林らと自主トレに励み「野手目線 …