カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

来季こそ「秋山翔吾加入」を超えるトピックを…【2022年総集編】

2023年1月2日

来季こそ「秋山翔吾加入」を超えるトピックを…【2022年総集編】

昨年6月末、秋山翔吾がチームの一員として加わった。当時は首位・ヤクルトに10ゲーム差以上離されていたとはいえ、まだCS圏内の3位。だが、最下位・中日と1ゲーム差の5位でシーズンを終えた。22年を振り返って「秋山加入」を上回るトピックスは、なかった。

秋山自身、「加入」を上回る輝きは放てなかった。得点圏打率4割の勝負強さは見せたが、へんとう炎などによる2度の離脱もあり、44試合で打率2割6分5厘。「ここでできなかったら再来年もできない。ボロボロになって目減りして終わりそう」。口にするひと言ひと言に、35歳シーズンの今季が正念場、という覚悟がにじみ出る。

引退―。当然まだ先ながら、その2文字もかすかに脳裏をよぎる。「プレー中は年齢を考えないけど、そういう年齢に差し掛かっている」。23年シーズン以降のさらに先も見据えた上で「踏ん張るというより、グッとアクセルを踏めるような準備を」と現状維持でなく、進化を求めてオフを過ごしている。

西武時代の19年に打率3割3厘、20本塁打という成績を残して海を渡った。当時の成績は「簡単ではない」としつつ、そこは一つの指針。渡米前、5年連続で全試合フルイニング出場したことも同様だ。「途中交代OKの考えは、選手生命を脅かす。若い選手も出てくる。そうして“代謝”が早くなっていった選手を見てきた」。今季、若手を蹴散らすぐらいの思いでグラウンドに立ち続ける。(畑中祐司)

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

2014年、あの決断に至る真実/ニューヨークと広島に感謝を込めて

2014年、あの決断に至る真実/ニューヨークと広島に感謝を込めて

40歳になるシーズンをどこで過ごすのか――。 2014年12月、僕はこれまでになく悩んでいた。オファーを出してくれたのは、報道で出ていた通りその年まで在籍していたヤンキースとメジャー複数球団。そして… …

カープファンは、他チームのファンからどう思われているのだろうか?

カープファンは、他チームのファンからどう思われているのだろうか?

今回、このタイミングで。書くべきことかどうか考えたが、やはり書くべきだろうと思ったのでコミッショナーに相談した。コミッショナーというのは本物のプロ野球のコミッショナーではなく、文春野球のコミッショナー …

他球団の捕手ではできない…會澤翼の熟練された配球術の凄さとは!?

他球団の捕手ではできない…會澤翼の熟練された配球術の凄さとは!?

今シーズン、126試合に出場し、打率.277、打点63、本塁打12と広島カープの正捕手として結果を残した會澤翼。 會澤翼のリードを見て、ちゃんと配球にストーリーを感じると谷繁元信は語った。 谷繁元信が …