カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井監督、日本一へ決意!「演出家として、選手たちを輝かせていく」

2023年1月3日

新井監督、日本一へ決意!「演出家として、選手たちを輝かせていく」

今季から指揮を執る広島の新井貴浩監督(45)が新春インタビューに応じ、“最高の演出家”になると誓った。今オフは自身が話題の中心となったが、シーズンに入れば「選手が主人公」。

若手の育成を掲げる一方、ともにリーグ3連覇を成し遂げたベテランに対しては「俺からしたら、もう終わっていくの?という気持ち」と“喝”。自身も味わったことのない1984年以来の日本一に導く決意を語った。(畑中祐司)

2018年限りで現役引退して4年。「新井監督」としてチームに戻ってきた。

「指導者になることは、あるのかな~みたいな漠然とした感じだった。監督になるイメージはなかった。すごく期待していただいていると感じるし、誇ってもらえるように、自慢してもらえるチームを作っていきたい」

チームは自身の引退後、4年連続Bクラスに沈む。掲げるのは「育成」と「勝利」。その両立を成し遂げるため、リードオフマンとして3連覇を支えたベテランの名前を挙げた。

「若い選手だけでは勝てない。長いシーズンを戦っていく上でベテランの力が必要。特に(田中)広輔。俺からしたら『えっ? お前、もう終わっていくの? はい上がってこいよ』と。優勝を経験したメンバーがぐいぐい引っ張っていってほしい」

近年低迷の一端は“鬼門”の交流戦。昨季も3季連続、12球団最多6度目の最下位に沈んだ。

「伝統的に一種のアレルギー反応みたいなものがあるのかなというふうに見ていた。劣っている訳ではない。交流戦はポイント。スコアラーが早い段階から動いてくれるし、しっかり対策はするけど、あまり交流戦だからという空気は出したくない。『関係あるか? 今までとは違うぞ!』と。そういう空気を作りたい」

3月31日の開幕戦の相手は、広島工の先輩・高津監督が率いるヤクルトだ。

「ある意味、チャンピオンチームに対しては考えやすい。挑戦者なんだから。当たって砕けちゃダメだけど、思いっきりぶちかませ、みたいな精神。今年のキャッチコピー(『がががが がむしゃら』)じゃないけど、どれだけ“がむしゃら”になって、勝ちに向かってみんなで進んでいけるか」

求められるのは5年ぶりのAクラスではなく、リーグ優勝。その先の日本一も見据える。

「3連覇した時も3回チャンスがありながら、日本一になれていない。自分というより、ファンの人が待っていると思う。自分と一緒に日本一になれずに悔しさを味わったメンバーがいるのも強み」

就任会見では「皆さんの気持ちを真っ赤に燃えさせる」と所信表明した。オフは、周囲の期待とともに自身が話題の中心となった。

「シーズンが始まれば、自分がカクテル光線を浴びることはないと思っている。あくまで主人公はプレーヤー。選手が演者さんで、僕らは演出家として選手たちを輝かせていく」

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

新井が41歳までプレーできた原点!罵声、正座でファンから失笑も…

新井が41歳までプレーできた原点!罵声、正座でファンから失笑も…

1年目は53試合に出場。打率は.221だったが、一軍に居続けたことで数多くの収穫があった。一軍の1打席と、二軍の10打席なら、一軍の方が勉強になり、自分自身の血や肉になる。当時はそこまで思いが及ばなか …

男気・黒田…カープ復帰の内幕、「僕は帰ります」球団本部長が明かす

男気・黒田…カープ復帰の内幕、「僕は帰ります」球団本部長が明かす

メジャーで進化を続ける黒田選手 ドジャー・スタジアムは、ロサンゼルス・ドジャースのホーム球場で、その空はたいてい、青一色にひろく晴れ渡っている。2009年の第2回WBC決勝戦で、「侍ジャパン」のイチロ …

【侍J金メダルへの道】管理栄養士をうならせた鈴木誠也の『成長力』

【侍J金メダルへの道】管理栄養士をうならせた鈴木誠也の『成長力』

世界と戦う侍ジャパン全世代を支えるのが、「栄養サポートパートナー」のザバスだ。株式会社「明治」は、14年にオフィシャルパートナーとして取り組みを始め、同社のプロテインブランド・ザバスが栄養面を全面サポ …