カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

マエケン依頼の21歳に予感!世代交代のチャンス…「プロスペクト」

2023年1月3日

マエケン依頼の21歳に予感!世代交代のチャンス…「プロスペクト」

育成の広島でブレーク候補を独断で選出

広島は昔から育成上手といわれてきた。猛練習で若手を鍛え上げ、他球団がうらやむ投手王国や、強力打線を形成したものだ。4年連続Bクラスながら、将来楽しみな選手が多いのは今も変わらない。その面々が独り立ちしていけば、再び強いカープが戻ってくる。そんな中、あえて順位をつけてみた。独断で“選出”した赤ヘルでのプロスペクト「トップ5」は……。

まず5位は、いずれ大化けするはずとの期待を込めて田村俊介外野手。2021年のドラフト4位で愛工大名電出身、高卒2年目を迎えた19歳の左打者だ。1年目は2軍で43試合に出場して130打数24安打、打率.185に終わったが、潜在能力は二重丸。「みやざきフェニックス・リーグ」では本塁打を放つなど着実に成長している。高校時代は投手。当初は二刀流も考えていた野球センスの塊だけに、何かきっかけをつかむと一気に進化するかもしれない。

4位は2020年ドラフト3位右腕の大道温貴投手。1年目は24試合で4勝4敗。2年目は3試合で0勝1敗と成績がダウンしたが、将来性を含めて首脳陣の評価は決して低くない。先発、中継ぎ、どちらもこなせるのも魅力だ。3位は森翔平投手だ。三菱重工Westから2021年ドラフト2位で入団した左腕。1年目はプロ初先発の9月7日の中日戦(バンテリンドーム)で5回1失点と好投し、初勝利をマークするなど、8試合に登板し1勝0敗、防御率1.89の成績を残した。2年目は先発候補として期待大だ。

2位には2018年のドラフト3位、22歳の林晃汰内野手を推す。4年目の2022年は1軍出場なし。2軍でも打率.217、2本塁打、27打点に終わったが、3年目には102試合に出場し、打率.266、10本塁打、40打点をマークした左の大砲候補。このまま終わるわけがなく、「みやざきフェニックス・リーグ」で3本塁打を放つなど、再進撃ムードとなっている。新井監督も鍛え上げることだろう。

そして1位は21歳の左腕・玉村昇悟投手とした。2021年は4勝7敗、防御率3.83で、赤ヘルの高卒2年目では前田健太以来の100イニングに到達。2022年は2勝2敗、防御率3.92。ほとんど先発で起用されており、2023年はいよいよ1年間を通してのローテーション入りが見込まれる。新監督のシーズンは世代交代のチャンス。若手の台頭が目立てば、チーム戦力も底上げとなる。きっと大胆な新井監督の選手起用も楽しみだ。

(※引用元 Full-Count

関連記事

長野が、低打率でも「チームを上向かせた原動力」と言える理由とは?

長野が、低打率でも「チームを上向かせた原動力」と言える理由とは?

開幕からここまで打率が.197、得点圏でも.000と、まだまだ昨年までの打棒が目覚めていない感のある広島・長野久義。最近では主に代打での出場が多くなってきているものの、開幕からここまでの戦いぶりの中で …

佐々岡監督は、床田に対してなぜ怒ったのか?/川口和久WEBコラム

佐々岡監督は、床田に対してなぜ怒ったのか?/川口和久WEBコラム

投手の仕事は何か 先日、広島の新監督・佐々岡真司が、左腕の床田寛樹を叱りつけたという記事を見て、びっくりした。俺の知っている佐々岡は絶対に怒らない。いつもニコニコと穏やかな男だった。そういえば、一度だ …

課題だった堂林の一本立ち、名打撃コーチが『指導できなかった』理由

課題だった堂林の一本立ち、名打撃コーチが『指導できなかった』理由

広島は「長打の打てる三塁手」の育成が至上命題だった オリックス、ソフトバンクで打撃コーチ、2軍監督を務めた新井宏昌氏は2013年から広島の打撃コーチに就任。丸佳浩、菊池涼介、鈴木誠也ら若手を鍛え上げ、 …