カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

落合氏、メジャー帰りの選手がプレーすると、国内のレベルは上がる?

2023年1月5日

落合氏、メジャー帰りの選手がプレーすると、国内のレベルは上がる?

現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(69)が4日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新。メジャーに挑戦する日本人選手について持論を語った。

落合氏は時代の流れもあり、FA権を獲れば「日本でやり尽くした…もう目指すのはメジャーリーグしかないと(選手が)思えば、それはそれで認めてやらなきゃいけないっていうこと。そこで向こうで成功するか失敗するかは本人次第であってね。まあでも、失敗を覚悟で行くのか、絶対成功すると思って行くのかは、これ別だけどね」と現在の日本人のメジャー挑戦は「誰にも止めることはできないと思うよ」と語った。

その中でスタッフから「メジャーに行った選手が(プロ野球に)帰ってきて、国内のレベルが上がるとかそういうのってあるんですか?」と質問をぶつけると、落合氏は「それはない」と即答。理由として「彼ら(メジャーから日本に帰ってくる選手たち)はもう力が落ちてきて、メジャーで通用しなくなったから日本に帰ってきて。ってことは、まだ日本の野球はアメリカよりも下に見られてるってことだよ。だってレベルが一番上のところから、一段下がったところに下りてきて野球やるってことは…。まあ、日本でやってる選手は“メジャーを目指せ”“メジャーを超えろ”ってことでやってはきてるんだろうけどもね。(メジャーに)追いつくには、一生かかっても追いつけないだけの開きっていうのはあるんじゃないのかな。歴史が物語ってますよ」と持論を述べた。

しかし、自身は挑戦できなかったからこそ「最高峰」の夢舞台を目指す選手たちの気持ちは誰よりも分かっている。村上雅則が海を渡り、野茂英雄が道を開き、イチローが新たな記録と高い技術を刻み、松井秀喜や黒田博樹、上原浩治、ダルビッシュら多くの選手たちが日本の野球を認めさせてきた挑戦の歴史。そして今、大谷翔平がルース以来の二刀流を蘇らせ、さらなる進化を求め本場の野球ファンを魅了している。落合氏は最後に言った。

「まあ、どんどん行きなさい」

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

プロ野球界活性化へ新制度提案、シーズン中に支配下→育成のメリット

プロ野球界活性化へ新制度提案、シーズン中に支配下→育成のメリット

プロ野球の「育成選手」の制度は2005年にスタートした。現在は各球団ともに多数の育成選手を抱えており、底辺拡大の意味も含めて同制度は定着した感がある。 今年2月以降、計42人もの選手が育成契約から支配 …

前カープ監督の緒方孝市氏、次期監督候補に浮上…稲葉監督は勇退へ!

前カープ監督の緒方孝市氏、次期監督候補に浮上…稲葉監督は勇退へ!

前広島監督の緒方孝市氏(52)が侍ジャパンの次期監督候補に挙がっていることが8日、分かった。17年に就任した稲葉監督は東京五輪の金メダルを花道に勇退予定。開催を目指す来年3月の強化試合までに新監督の人 …

打者『絶望』の魔球は「打てない」!日米ファン興奮の「最高の瞬間」

打者『絶望』の魔球は「打てない」!日米ファン興奮の「最高の瞬間」

2009年のWBC、ダルビッシュは大会途中からクローザーに転向 2017年以来、6年ぶりに行われるワールド・ベースボール・クラシックに参加表明したダルビッシュ有投手(パドレス)の“攻略不可能”な魔球が …