カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

一時逆転も連勝は5でストップ、2番手・中田が6連打で7失点の炎上

2018年4月20日

一時逆転も連勝は5でストップ、2番手・中田が6連打で7失点の炎上

公式戦(4月20日、カープ7-11中日、ナゴヤドーム)

広島がお家芸の逆転勝利の展開に持ち込んだものの、再逆転され、連勝は5でストップした。

2点を追う7回1死満塁から田中の右前への2点適時打で同点に追いつくと、菊池の左中間を破る適時二塁打で一度は逆転に成功した。

田中が「何とかいいところに落ちてくれて良かった」と言えば、菊池も「必死に打ちにいった結果、ヒットになってくれて良かった」と振り返った。

敵失にバティスタの犠飛も飛び出し、この回一挙5点。だが、その裏に2番手・中田が1死二塁から6連打を浴びるなど7失点の炎上でひっくり返された。

前日(19日)も延長12回を戦っており、広島のブルペン陣は火の車状態だった。中崎は5試合連続、ジャクソンは4試合連続登板中だけに、ピンチの展開で簡単に起用できない裏事情があった。

まさに総力戦の代償を払った形となったが、2位・DeNAの試合がなかったため、首位はキープ。仕切り直して再進撃をかける。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

開幕から6カード連続勝ち越しなしの異常事態、誠也の一発もまた空砲

開幕から6カード連続勝ち越しなしの異常事態、誠也の一発もまた空砲

公式戦(4月16日、カープ2-8巨人、平和リース球場) 4連覇を目指す広島が巨人に敗れ、開幕から6カード連続で勝ち越しなしという異常事態となった。 広島は先発ジョンソンが初回2死一、二塁からゲレーロに …

緒方監督、野村の初回5失点「重くなったね、そこだけ」/一問一答

緒方監督、野村の初回5失点「重くなったね、そこだけ」/一問一答

公式戦(4月13日、カープ2-10巨人、東京ドーム) 広島が先発野村祐輔投手(28)の乱調から序盤で大量ビハインドを背負い、大敗を喫した。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。 -先発野村が1回に5 …

大瀬良が無念の緊急降板…左足つった、11勝目逃すも『軽症』でホッ

大瀬良が無念の緊急降板…左足つった、11勝目逃すも『軽症』でホッ

公式戦(6月29日、カープ4-5DeNA、横浜スタジアム) 広島・大瀬良大地投手(27)が思わぬアクシデントに見舞われた。3点リードの七回の攻撃。無死一塁から投手前へ犠打。走者をきっちり二塁へ進めたが …