カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

秋山、2時間超えのティー打撃「どれだけ自分を追い込むか」質より量

2023年1月11日

秋山、2時間超えのティー打撃「どれだけ自分を追い込むか」質より量

広島の秋山翔吾外野手が10日、質よりも量にこだわって再起の道筋を作ると誓った。静岡・下田市の吉佐美運動公園で自主トレを公開。「1年前は、メジャー3年目で同じ失敗をしたくない思いで技術に寄りすぎた。一本一本キレイに振る方(の意識)が強かった。昨年に比べると振る方は追い込んで、2年前までやっていた形に戻す」と原点回帰のトレーニング法で輝きを取り戻す。

午前中4時間の練習は、半分以上を打撃練習に費やし、その全てがロングティーを含めたティー打撃。若手らにアドバイスを送る“秋山塾”を開校しながら、自身も徹底的に振り込んだ。「とにかくシーズンしっかり1年間、戦い切れるタフさを求めて。その決意。両膝に手をつくランニングとか、連続ティーだったり、どれだけ自分を追い込むか」と汗をにじませた。

昨季はシーズン途中に3年ぶり日本球界復帰を決断し、広島に加入。だが、へんとう炎などによる離脱が二度あり、出場は44試合に終わった。もちろん帰国という環境の変化などもあったとはいえ、加入後の期間を完走したとは言えなかった。昨オフの「一本一本きれいに振る方が強かった」という取り組みの結果だった。今オフは量にこだわった練習で、15~19年に5年連続フルイニング出場した西武時代に近い姿を取り戻す考えだ。

昨季は不本意なシーズンとなったものの「体力さえあれば、何とでもなるなと思った」と振り返る。15年にNPB新記録のシーズン216安打を記録した安打製造器。技術面においてはシーズン中でも修正は可能と考えている。だが、肉体面はそういうわけにいかない。「シーズン中に技術に割きたい時に、そっちに向かえるだけの精神的、体力的な余裕があった方がいい」。昨季の反省をもとに、オフの間にその土台を築き上げる。

今年から合同自主トレを行う同じ右投左打の外野手の後輩の宇草は「秋山さんを追い越すぐらいの気持ちで」と練習に励む。今季35歳を迎えるベテランにとって、若手の存在は刺激。「そういう思いで向かってきてくれないと、チーム力は上がらない。でも簡単に譲る気はない」。練習量でも若手を圧倒して、今季こそ頼れる主力としてチームをけん引していく。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

何もかもが『新人』離れ!栗林良吏、1球入魂ルーキーの「奪三振力」

何もかもが『新人』離れ!栗林良吏、1球入魂ルーキーの「奪三振力」

東京オリンピックの侍ジャパン24選手が持つ武器、ストロングポイントにスポットを当てる連載「侍の宝刀」。ルーキーで唯一選出された広島守護神の栗林良吏投手(24)が、プロ野球新人記録となるデビューから22 …

大盛穂、実戦で結果残して奮闘中!センターの定位置狙う『育成の星』

大盛穂、実戦で結果残して奮闘中!センターの定位置狙う『育成の星』

育成の星が、開幕スタメン候補に名乗りを上げている。育成ドラフト1位で2019年に入団した大盛穂は、その年のオフに支配下選手契約を勝ち取ると、昨季は一軍戦で73試合に出場。そのうち25試合で先発出場を果 …

大きく育て!末包が15打席無安打も…佐々岡監督は責めずに背中押す

大きく育て!末包が15打席無安打も…佐々岡監督は責めずに背中押す

広島ドラフト6位・末包(大阪ガス)の連続無安打が15打席に伸びた。 2回先頭でフルカウントから西勇のスライダーに二ゴロ。4回先頭では小野の直球にバットを折られ、6回は3連打で同点に追いついた直後に三ゴ …