カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鉄拳制裁の代わりに書きなぐった「このボケ!」、不満を吐き出す手帳

2023年1月13日

鉄拳制裁の代わりに書きなぐった「このボケ!」、不満を吐き出す手帳

野村謙二郎氏は手帳に感情を書き記し、怒りを鎮めていた

昔は怒られてばかりだった。手を上げられたことも何度もあった。そんな環境で育ったが、自身が指揮官になった時にはすべてが“御法度”になっていた。選手やチームに対して思ったことを行動に移す前に一度考える必要があった。感情もコントロールしなければならない。野球評論家で広島大学スポーツセンター客員教授の野村謙二郎氏は広島監督時代、そのために怒りの“はけ口”を作っていた。どんな時も、まずは、そこにすべてをぶつけたという。

野村氏が活用していたのは秘密の手帳だ。「スコアとか。癖とか、こういう傾向があるとか、このタイミングでは牽制しないな、とかをメモしていたけど、あとは怒りを書いていたね。このボケとか、何回言っても同じことの繰り返しだ、とか、さっき指示を出したのに、こいつ何考えているんだとか、やっていることが違うとか、そこで吐き出した。それを書いて自分でおさめていたって感じ」。これは監督1年目からやっていたという。

きっかけは「選手にプレッシャーを俺はかけているつもりはなかったし、言葉に出してもいなかったんだけど、目付きとかそういうのがあったからね」とのこと。「ひょうひょうと書いているけど、実はひどいことを書いたりする。しょっちゅうではないけどね」。極端な言い方をすれば、鉄拳制裁の代わりみたいなもの。どんなにイライラしていても、拳を振り上げることなく、手帳に吐き出すと大体おさまったそうだ。

2010年から2014年の5年間の監督生活で、欠かせないアイテムだったようで「けっこう、たまりましたね。全部で13冊くらいはあるかな。1シーズンで2冊か3冊ぐらい」と話す。たまに読み返してみると「若いなって思うね」という。「なんでこんなことを書いたんだろう、どんなプレーだったかなって思ったりもする。スコアも書いていたから、ああ、ここで怒っていたんだとか、このプレーに※印をつけているなとか、ここが濃くなっているとか、なんとなく覚えているのもあるしね」と笑みを浮かべながら話した。

就任2年目に監督として変化「1年目は自分が表に出すぎていた」

親しい間柄で、日本代表を率いた森保一監督も試合中、ノートにその時の心情などを書き込んでいることが有名だが、野村氏はこの共通点について「それは偶然だろうね」とあっさり。

「そういう話を森保としたかどうかも覚えていないし、森保が何を書いているのかもわからないしね」とも付け加えたが、野村氏が、この怒りのはけ口のおかげで、何度も落ち着けたのは紛れもない事実。監督生活の証しでもある数々の手帳は今後にも生かせる貴重な財産ともいえそうだ。

実際、監督としても変化が起きていた。「1年目はマネージングを勘違いしてコーチの人たちよりも自分が表に出すぎていたけど、2年目からは担当コーチにもっと動いてもらうにはどうしたらいいかを考えるようになった。選手に関しても体調管理や本質を観察することに努めた……」。

チームも3年目くらいからだんだん変わってきた。選手も若手が伸びてきた。とりわけ2011年ドラフト2位の菊池涼介の能力には驚かされたという。(山口真司)

(※引用元 Full-Count

関連記事

渡辺リサ、夫が広島・小園海斗と公表「突然ですが顔出し解禁します」

渡辺リサ、夫が広島・小園海斗と公表「突然ですが顔出し解禁します」

モデルでユーチューバーの渡辺リサ(20)が8日までにインスタグラムを更新。夫がプロ野球広島の小園海斗内野手(22)であることを公表した。 渡辺は2021年1月に結婚したことを発表したが、相手については …

誠也『4ボール』から二ゴロ…審判の間違いに誰も気付かず、珍プレー

誠也『4ボール』から二ゴロ…審判の間違いに誰も気付かず、珍プレー

審判のカウント間違いが原因で“4ボール”の珍プレーが起こった。3回1死の広島の攻撃で鈴木がフルカウントから8球目にボールを選んだ。だが、誰も四球に気づかず続行。1球のファウルを経て、二ゴロに倒れた。 …

中継ぎ投手陣再編…中﨑翔太、今村猛、中村恭平は開幕に間に合うか

中継ぎ投手陣再編…中﨑翔太、今村猛、中村恭平は開幕に間に合うか

DJ.ジョンソン、フランスアが不振 V奪回を目指す広島だが、この春は苦しんでいる。3月25日に一軍の練習試合は一旦終了したが、オープン戦から数えると11試合連続で勝ちがない状態だ。要因は複数あるが、外 …