カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下暢仁「嫌な感じ全然ない」、手術後の現状報告「1歩抜けたい」!

2023年1月17日

森下暢仁「嫌な感じ全然ない」、手術後の現状報告「1歩抜けたい」!

広島森下暢仁投手(25)が手術後の順調な経過を口にした。22年10月に右肘関節鏡視下骨棘(こっきょく)の切除、右肘関節内滑膜切除の手術を受けた。

地元大分から広島に戻り、キャッチボールの距離は40メートル程度まで伸ばした。年末より腕の振りも強めている。

「どこまでいけるのかというのを探りながらやっている。嫌な感じは全然ないが、まだやっぱり肘をかばって投げているところもある。どのタイミングでどのくらいの準備をすればいいのかというのがまだつかめない。こういうのが初めてなので」と現状を明かした。

近日中に最終チェックのため担当医を訪れる。キャンプも含め、次のステップの道筋が少しずつ決まっていく見通しだ。新井貴浩監督(45)は焦らせない方針を強調している。

右腕は「キャンプに関しては、自分を殺してやっていくところだと思う。やっぱりモチベーションが高いところ(1軍)でやりたいとも思うけど、監督の思いとしては自分が焦って離脱するのがたぶん嫌だから、そう言ってくれていると思う」とペースアップに慎重だ。

主力投手としての自覚が増している分、葛藤もある。1年目の20年に防御率1・91で新人王に輝いたが10勝、8勝、10勝と思うように成績を伸ばせずにいる。昨年の防御率は3・17。

「もう4年目なので。1年目、2年目、3年目と同じような成績で来ていて、何か1歩抜けたいという気持ちがある。やっぱり勝ち切れるところで勝たないといけない。競った試合で終盤打たれたりということも多かったし、何とか抑えないといけない場面で抑えられなかった。同じことを3年間繰り返してきたので。そこの1球を大事にしたいと思う」。焦りを抑えながら、復帰した際のグレードアップを誓った。(柏原誠)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

1番争奪戦!羽月が紅白戦で2安打1盗塁と躍動「来季は始まってる」

1番争奪戦!羽月が紅白戦で2安打1盗塁と躍動「来季は始まってる」

広島・羽月隆太郎内野手(21)が今季秋2度目の紅白戦に「1番・二塁」で先発して、2安打1盗塁とアピールに成功した。 初回先頭で中前打、2回無死一塁では右前打を放って二盗にも成功。俊足巧打の持ち味を存分 …

森下暢仁3年目「一番」の誓い、「開幕投手、15勝、最優秀防御率」

森下暢仁3年目「一番」の誓い、「開幕投手、15勝、最優秀防御率」

広島森下暢仁投手(24)が今季は「15勝&最優秀防御率」を目標に掲げ、腕を振る。6日から19日までは沖縄で大瀬良大地投手(30)らと自主トレを行い、21日からは拠点をマツダスタジアムに移した。 今季残 …

秋山翔吾、日本復帰後初アーチの場面で称賛を集めた「あのふるまい」

秋山翔吾、日本復帰後初アーチの場面で称賛を集めた「あのふるまい」

いよいよ本領発揮だ。広島・秋山翔吾外野手(34)が15日の巨人戦(東京ドーム)で移籍後初アーチをマークした。 「3番・中堅」で先発出場した秋山は初回1死二塁、フルカウントから山崎伊の8球目の直球を捉え …