カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

Bクラスから浮上へ…新井監督は「逆転現象」をどう分析しているのか

2023年1月21日

Bクラスから浮上へ…新井監督は「逆転現象」をどう分析しているのか

今季のプロ野球は、新監督が指揮を執る球団が4つある。心機一転、チームをリフレッシュさせてV奪還を期す彼らの戦いぶりは、いかなる変貌を遂げるのか。

昨年、セ・リーグ5位に沈んだ広島カープは新井貴浩監督を抜擢し、黄金時代復活を目指すが、昨年のチーム打率は2割5分7厘で、リーグ1位。552得点は優勝したヤクルトに次いで、2位の攻撃力を示している。

得点が失点を上回ったのはヤクルト、阪神、広島の3球団だが、一方で広島より順位が上のDeNAと巨人は失点の方が多かった。野球の面白さを示す、不思議な逆転現象である。

これをどう分析し、今季の飛躍とするか。野球解説者の高橋慶彦氏は1月17日、自らのYouTubeチャンネル〈よしひこチャンネル〉で、持論を展開した。

「新井監督がさ、ヘッドコーチもそうよ、みんなそうだけど、チームとして、なぜこの数字で勝てなかったかを分析できんとアカンよね。この数字だったら、いちばんアタマ(首位)にいてもおかしくないもん」

これに同調するのは、この動画にゲスト出演する野球解説者・池田親興氏で、

「だから(広島が)上の方にいても、優勝してもおかしくない。勝ち方かぁ…」

そして改めて高橋氏が「数字が悪かった中日以外は、5球団のどこが優勝してもおかしくなかった」と、分析したのである。

ちなみにDeNAや中日は得失点差でマイナスにもかかわらず、広島よりチーム防御率は優れている。これまた、ひとつの逆転現象である。

かつて広島は「投手王国」と呼ばれたが、新井監督と首脳陣は問題点をどう分析し、どんな新生カープを見せてくれるのか。高橋氏、池田氏も興味津々だろう。(所ひで)

(※引用元 Asagei plus

関連記事

佐々岡監督、マツダスタジアムで取材対応…大瀬良と秋山について語る

佐々岡監督、マツダスタジアムで取材対応…大瀬良と秋山について語る

広島・佐々岡真司監督(55)が25日、マツダスタジアムでの全体練習後に取材対応。23日の阪神戦で2回4失点KOの大瀬良について「(次回まで)4、5日あるから(練習などを)見て考える」と10月2日の中日 …

元監督・達川光男氏の『分析』、開幕ショートは田中広輔か小園海斗か

元監督・達川光男氏の『分析』、開幕ショートは田中広輔か小園海斗か

2016年から3年続いたプロ野球セ・リーグ優勝を2019年に逃した広島カープは、佐々岡真司新監督のもと、2020年こそはセ・リーグV奪回と、1984年以来となる日本一を目指す。 新シーズンへ向けてのポ …

マツダスタジアムの本塁打王は?トップ10に新井氏らV3戦士ズラリ

マツダスタジアムの本塁打王は?トップ10に新井氏らV3戦士ズラリ

2009年開場当時の主砲・栗原健太氏は22本で9位タイ 広島の本拠地であるマツダスタジアムが開場したのは2009年。長くファンに親しまれた初代・広島市民球場の後を継いだ新スタジアムでは、昨季までに公式 …