カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

走れず走られてBクラス低迷、3連覇時とは『真逆』…攻守の泣き所!

2023年1月23日

走れず走られてBクラス低迷、3連覇時とは『真逆』…攻守の泣き所!

昨季チーム26盗塁は球団最少、許盗塁&阻止率はリーグワースト

昨季まで4年連続Bクラスに沈む広島。2016~2018年にセ・リーグ3連覇を成し遂げた後は低迷が続いている。課題として指摘されているのは機動力で、昨年のチーム盗塁数26は球団最少で、盗塁王に輝いた阪神・近本光司の30より少なかった。しかも、盗塁阻止率も12球団ワーストだった。

昨年は野間峻祥の7盗塁がチーム最多。曽根海成が4盗塁で続き、7選手が2盗塁、1選手が1盗塁という結果だった。2リーグ制以降では2004年の巨人の25盗塁に次ぐ少なさだった。しかも盗塁死は盗塁数を上回る29。盗塁成功率は47.3%で断トツに低かった。

3連覇当時のチーム盗塁数は2016年から118(リーグ1位)、112(同1位)、95(同1位)。圧倒的な機動力を軸にペナントを制した。過去には高橋慶彦、野村謙二郎、緒方孝市ら多くの選手が盗塁王を獲得してきたが、その伝統が失われつつある。

一方で、相手には多くの盗塁を許した。2022年の許盗塁は86。セ・リーグワーストだった。盗塁阻止率は.218でこちらは12球団ワースト。11位の日本ハムが.296、セ・リーグで5番目の中日が.343だったから、大きな差があった。

昨年は會澤翼の79試合を筆頭に、磯村嘉孝が31試合、坂倉将吾が18試合など7選手が先発マスクを被った。三塁と併用されていた坂倉が今季は捕手に専念する見込みで、どう変わってくるか。そして新井貴浩監督がどのようにチームを改革していくのか。注目される。

(※引用元 Full-Count

関連記事

亡き恩人に「心の中で叫んだ」、裏方から日本一の名参謀…5分の財産

亡き恩人に「心の中で叫んだ」、裏方から日本一の名参謀…5分の財産

オリックス・水本ヘッドコーチ、三村敏之氏の命日に優勝パレードで感慨 2022年11月3日、大阪・御堂筋でオリックスの優勝パレードが行われた。イルミネーションイベント「大阪・光の饗宴2022」の点灯式も …

高橋慶彦氏が挙げるカープ再建「誠也が1人で背負ってしまっている」

高橋慶彦氏が挙げるカープ再建「誠也が1人で背負ってしまっている」

26歳の鈴木誠也に負担が…「俺がその年の頃は山本浩二さんも衣笠さんも……」 一昨年までリーグ3連覇を続けていた広島が、昨季は4位、新たに佐々岡監督を迎えた今季は5位に低迷している。1970年代中盤から …

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」②オーナーの観客席ネタ

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」②オーナーの観客席ネタ

広島市在住の迫氏は、「カープ人気が高まった背景には、マツダスタジアムの存在も大きい」とも語る。マツダスタジアムは旧広島市民球場の老朽化に伴い市が建設した、米メジャー流の「ボールパーク」である。競技を観 …