カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

天国の祖父へ恩返しを…松山、お立ち台に多く上がって「いい報告を」

2023年1月25日

天国の祖父へ恩返しを…松山、お立ち台に多く上がって「いい報告を」

広島・松山竜平外野手(37)が24日、亡き祖父への恩返しを誓った。お立ち台では「鹿児島にいるじいちゃん、ばあちゃん、今日オレやったよ!」と叫ぶことが恒例となっているが、祖父・末吉政雄さんが昨年9月に88歳で他界。今季はレギュラー奪取へ向けてマツダスタジアムでの合同自主トレに合流した。チーム最年長のベテランは、もうひと花咲かせるために、新打法に挑戦するなど再起に燃えている。

天国にいるじいちゃん、今年オレやるよ――。松山は亡き祖父に再起を誓い、決意を新たにした。

「今年いい活躍をして、(祖父に)いい報告ができるようにしたい。最近(お立ち台に上がる機会が)少ないので、数多く立てるように。それがレギュラーで出ているという証拠にもなるし、そこを目指して、もうひと花咲かせられるように頑張りたい」

愛する祖父は昨年9月に88歳でこの世を去った。お立ち台では「鹿児島にいるじいちゃん、ばあちゃん、今日オレやったよ!」と叫ぶ決めゼリフが恒例となるなど、祖父には幼少期からかわいがってもらっていただけに、お立ち台に多く上がって、恩返ししたいと意気込む。昨季は代打での起用も多く、88試合の出場で打率・217、2本塁打、23打点だった。今季は左翼、一塁の両にらみで定位置奪取を目指す。一塁では助っ人のマクブルームが最大のライバルで、左翼も野間、西川らとの争いで定位置を勝ち取らなければいけない立場。チーム最年長となっても、新打法に挑戦するなど、余念がない。

「スムーズにバットが出る。力感なく構えることによって、トップの位置も安定する。これまでトップの位置が決まらなかったことも多かったので、今後も試しながらやっていきたい」

昨季まではバットを立てた構えから振り出していたが、今季はバットを寝かし気味に構え、振るときに無駄な力が入らないよう、脱力を意識した打撃フォームに改造した。ミート力向上へ修正を図り、試行錯誤を続ける。

年末年始は故郷の鹿児島県で過ごした。元日には祖父が眠る墓前で手を合わせ、活躍を約束した。年明け7日からは約2週間にわたって、後輩の林、田村らと合同自主トレを敢行。状態面も「順調にきている」と手応えを示した。さまざまな思いを胸に刻み、16年目のシーズンに向かう。(長谷川凡記)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

上本崇司が盛り上げ役に、再名乗りを上げる「僕にかなう奴はいない」

上本崇司が盛り上げ役に、再名乗りを上げる「僕にかなう奴はいない」

広島上本崇司内野手(30)が盛り上げ役に再名乗りを上げる。 昨季わずか3試合だった先発出場が今季14試合に増えるなど、主力の代役を担った。8月28日阪神戦(マツダスタジアム)ではプロ初のサヨナラ打を放 …

林晃汰の『ご近所さん』が五輪初代女王、ロス五輪で金メダル共演か?

林晃汰の『ご近所さん』が五輪初代女王、ロス五輪で金メダル共演か?

日本中を熱狂に包み込んだ東京五輪では、数多くのニューヒーロー&ヒロインが誕生した。 新競技のスケートボード・パーク女子で金メダルを獲得した四十住(よそずみ)さくら(19=ベンヌ)もそのうちの1人。広島 …

大盛穂・羽月隆太郎が、ともに右手関節手術を受ける…復帰時期は未定

大盛穂・羽月隆太郎が、ともに右手関節手術を受ける…復帰時期は未定

広島が8日、大盛穂外野手(24)と羽月隆太郎内野手(21)がともに「右手有鉤(ゆうこう)骨鉤骨折骨片摘出術」を受けたことを発表した。 大盛は7月27日、羽月は5日に、ともに広島市内の病院で右手関節手術 …