カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

語り草・江夏の21球、衣笠氏「お前がやめるならオレもやめてやる」

2018年4月25日

語り草・江夏の21球、衣笠氏「お前がやめるならオレもやめてやる」
プロ野球広島の内野手で、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)氏が、23日夜に上行結腸がんのため東京都内で死去したことが24日、分かった。71歳だった。

衣笠氏の広島時代の同僚だった江夏豊氏(69)が思いを語った。24日、ヤクルト-阪神のテレビ解説のために訪れた松山空港で取材に応じ「電話で3日に1回はしゃべってたよ。10日前くらいかな。腹水がたまって苦しいと。今朝、奥さんから電話をもらったよ」と話し始めた。

78年に広島に移籍し、衣笠氏との親交が始まった。「それまではライバルだったから。こんなバッターに打たれるか!と思ってた。同じ関西出身でライバル意識もあったしね。でも、なぜか最初からウマが合ったというか。あの頃のカープは個性派が多かった。そういう意味ではやりやすかった。でもこんなに早く逝くとは…」。

2人の関係を代表するのが、語り草になっている「江夏の21球」だ。広島が初の日本一に輝いた79年、近鉄との日本シリーズ第7戦。広島1点リードの9回裏、クローザーだった江夏氏は無死満塁の危機を迎えた。広島ベンチは延長に備え、ブルペンに投手に準備をさせた。これを見た江夏氏が「この野郎!何でオレの後に投手をつくるんだ!」と冷静さを失った。ここでマウンドに歩み寄ったのが一塁を守っていた衣笠氏だった。

「お前がやめるならオレもやめてやる」。そう声をかけられた江夏氏は「生え抜きのサチが…」と感激。これで落ち着きを取り戻し、カーブの握りのままスクイズを外す投球を見せ、名場面を生んだ。「あの苦しい場面で自分の気持ちを理解してくれるやつが1人いたんだということがうれしかった。あいつがいてくれたおかげで難を逃れた」。のちにそう話している。

ため息を繰り返した江夏氏は自身に納得させるように「いいヤツを友人に持った。俺の宝物だ。ワシもすぐ追いかけるんだから。次の世界でまた一緒に野球談議をするよ。それが楽しみだ」と話していた。【高原寿夫】

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

FA移籍してきた選手がゼロのカープ、唯一獲得に乗り出した選手とは

FA移籍してきた選手がゼロのカープ、唯一獲得に乗り出した選手とは

今季リーグ3連覇を飾った広島の強さの源は「育成力」だ。田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、鈴木誠也、会沢翼、大瀬良大地、野村祐輔、中崎翔太と主力たちはすべて生え抜き。 今季のメンバーを見ると他球団からの移籍組 …

『鉄人』衣笠祥雄氏が死去、2215試合連続出場、国民栄誉賞も受賞

鉄人・衣笠祥雄氏が死去…2215試合連続出場、国民栄誉賞も受賞!

広島で活躍し、2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄氏が死去したことが24日、関係者の話で分かった。71歳。京都府出身。 衣笠さんは、1965年に広島に入団し、68年から一軍に定着。1987 …

石井琢朗へ、子どもたちは毎日毎日パパに手紙を書いていましたね

妻・詩織さんが明かす「石井琢朗が広島からヤクルトに移籍した理由」

「実は広島をやめようとしたのは、今回が初めてではありませんでした。3年前にも一度、広島を出る決意をしていたんです」――。 2016年、一軍打撃コーチとして、広島カープを25年ぶりのリーグ優勝に導いた石 …