カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

セ・リーグ首位攻防戦は、カープが先勝!巨人の連勝を『8』で止める

2018年5月1日

セ・リーグ首位攻防戦は、カープが先勝!巨人の連勝を『8』で止める

公式戦(5月1日、カープ6-4巨人、マツダスタジアム)

首位の広島が2位・巨人との首位攻防3連戦初戦に6―4で逆転勝ち。巨人の連勝を8で止めた。巨人は2012年5月以来6年ぶりとなる9連勝はならなかった。

巨人先発・山口俊が2回、3回と広島・会沢に2打席連続死球を与え、両チームに警告が与えられる波乱のスタートとなった1戦。

3点を先取された広島は1―3で迎えた3回、バティスタ、鈴木の2者連続本塁打で3―3の同点に追いつくと、1死一、三塁で打席に入った会沢が2打席連続死球に激高。両軍選手がベンチから飛び出す一触即発の不穏な空気となった。

ここで両チームに警告が宣告されたが、2死満塁となってから田中が2打席連続の押し出し四球を選んで逆転。

5回には会沢が2打席連続死球を当てられた山口俊から左翼線にタイムリー二塁打を放って加点し、菊池の右前適時打でもう1点を加えてリードを3点に広げて最後は逃げ切った。

巨人は初回、坂本勇、吉川尚、ゲレーロの3連打で1点を先制し、2回には坂本勇の2点適時二塁打で3点をリード。だが、先発の山口俊が9安打8四死球と乱れて5回途中降板。山口俊は自身初となる3試合連続完投勝利を逃した。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

ドラフト1、2位コンビが活躍!森下、新人王へ前進の6回0封8勝目

ドラフト1、2位コンビが活躍!森下、新人王へ前進の6回0封8勝目

公式戦(10月10日、カープ3-0ヤクルト、マツダスタジアム) 広島が森下暢仁投手(23=明大)、宇草孔基外野手(23=法大)のドラフト1、2位コンビの活躍でヤクルトに3―0と快勝。連敗を2で止めた。 …

開幕戦勝利!力投のエース・大瀬良に、新人・末包が猛打賞で応えた!

開幕戦勝利!力投のエース・大瀬良に、新人・末包が猛打賞で応えた!

公式戦(3月25日、カープ11-3DeNA、横浜スタジアム) 投打の歯車がしっかり噛み合い、広島が最高の滑り出しを見せた。 流れを作ったのが、エース大瀬良の右腕だった。持ち前の丁寧な投球で強打のDeN …

九里が開幕3連勝、栗林は5セーブ目!巨人は2シーズンぶり借金生活

九里が開幕3連勝、栗林は5セーブ目!巨人は2シーズンぶり借金生活

公式戦(4月10日、カープ4-2巨人、マツダスタジアム) 広島は1回に2失策から先制を許すも、その裏に3連打で同点。3回は松原のソロで勝ち越されるも、その裏に再び追いついた。 広島が4回2死二塁から菊 …