カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

江草が現役ラスト登板、盟友・狩野と対戦で二塁打浴びる

2017年9月28日

江草が現役ラスト登板、盟友・狩野と対戦で二塁打浴びる

「ウエスタン、阪神-広島」(27日、甲子園)今季限りで引退を表明している広島の江草仁貴投手(37)が現役最後の登板となる引退試合のマウンドに立った。

1点リードの八回。両チームのファンから拍手と歓声が送らながらマウンドへ。阪神時代にバッテリーを組んだこともある盟友・狩野と対戦した。

初球は134キロ直球で空振り。2球目は130キロ直球でボール。3球目は135キロ直球で空振り。続く4球目、134キロの直球を左翼線へはじき返され、二塁打となった。

水本2軍監督から交代が告げられると、佐々岡2軍投手コーチ、内野手、捕手がマウンドへ。1人1人と握手。帽子を深く被り、涙をぬぐいながらベンチへ引き上げていった。

スタンドのファンからは、一塁側、三塁側を問わず万雷の拍手と歓声。江草は帽子をとり、頭を下げて歓声に応えた。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

交流戦最下位のカープ、優勝は0%?3連覇した結束力を取り戻せるか

交流戦最下位のカープ、優勝は0%?3連覇した結束力を取り戻せるか

「V率0%」 この文字が広島の紙面に載るのは何度目だろう。セ・リーグ3連覇中の広島は交流戦、4勝12敗1分(以下のデータ、すべて6月23日現在)で、すでに5年ぶりの最下位が決定している。交流戦の最下位 …

前進か―、後退か―、緒方カープの敗因と、3連覇への『課題』

前進か―、後退か―、緒方カープの敗因と3連覇への『課題』

37年ぶりのセ・リーグ連覇の感動が、どこか遠くへ行ってしまった感がある。 日本シリーズが終了し、レギュラーシーズンで94勝と圧倒的な強さを見せた福岡ソフトバンクが2年ぶり8度目の日本一に輝いた。しかし …

緒方、野村、江藤、前田…「『ポスト黄金時代』を彩った好打者たち」

緒方、野村、江藤、前田…「『ポスト黄金時代』を彩った好打者たち」

プロ野球が産声を上げ、当初は“職業野球”と蔑まれながらも、やがて人気スポーツとして不動の地位を獲得した20世紀。躍動した男たちの姿を通して、その軌跡を振り返る。 黄金時代の最後に台頭した緒方 山本浩二 …