カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島カープの「首位快走」は本物か…球団初リーグ3連覇への死角は?

2018年5月22日

広島カープの「首位快走」は本物か…球団初リーグ3連覇への死角は?

球団初のリーグ3連覇を目指す広島。開幕4連勝スタートの後、4月中旬まではなかなか貯金を増やせなかったが、4月24日からの5連勝で首位に立つと、5月は雨天中止3試合と天候に行く手を阻まれながらも5月20日時点で8勝4敗1分けと貯金を4つ増やし、今季通算では40試合で25勝14敗1分けの勝率.641。2位に4.5ゲーム差をつけて首位を“快走”している。

2016年が勝率.631(89勝52敗2分け)、2017年が勝率.633(88勝51敗4分け)であったことからも、勝率だけを見ると今季も順風満帆のように見える。だが、その内情は過去2年と大きく異なっている。

リーグ断トツだったチーム打率(2016年:打率.272、2017年:打率.273)が今季はここまで打率.254と下がり、チーム防御率(2016年:防御率3.20、2017年:防御率3.39)も今季は防御率3.49と悪化。チーム伝統の“足攻”も、2016年(118盗塁)、2017年(112盗塁)は、ともにリーグ断トツ1位だったが、今季はここまで25盗塁でシーズン換算89盗塁と過去2年に及ばない。

それでも勝てている、というところをプラスに考えることもできるが、まだ自分たちの野球をできてはおらず、一つ歯車が狂えば“混セ”の波に飲み込まれる可能性が大いにある。

選手個々に目を向けた場合、まず心配なのが野村祐輔の状態だ。2016年に16勝、2017年に9勝を挙げ、2年連続で防御率2点台の数字を残したエース右腕だが、今季は登板5試合すべてで3失点以上を喫して2勝1敗、防御率5.59とピリッとしないまま、背中の張りを訴えて4月27日に登録抹消となっている。

加えて、昨季リーグ2位の15勝を挙げた薮田和樹もオープン戦から制球難に苦しみ、野村とともに5月1日から2軍暮らし。2016年に沢村賞を受賞したジョンソンは徐々に調子を上げてきたが、8試合で3勝2敗、防御率3.53とまだまだ物足りない。

現状、大瀬良大地(6勝2敗、防御率2.22)、岡田明丈(4勝1敗、防御率3.15)の頑張りと中村祐太(3勝1敗、防御率4.26)の成長で勝利を積み重ねているが、チームの軸となる投手、絶対的エースと言える存在がいない。支柱がいないローテ陣は崩れ始めると一気に共倒れする危険性がある。特に大瀬良がコケた時が恐ろしい。

柱の不在は、救援陣も同じだ。緒方孝市監督は、チームの守護神に中崎翔太を指名しているが、元々ピシャリと抑え込むタイプではなく、絶対的な決め球もない。数字上は、今季ここまで21試合登板で14セーブ&防御率2.25と合格点だが、相変わらず走者を背負いながらの投球が多く、最後までハラハラする「中崎劇場」は健在だ。投手交代のタイミングについては、ファンの間ではこれまでも不満の声が上がっており、中崎が打たれ始めた時、取り巻く環境を含めたチーム全体の歯車が狂う恐れがある。

対抗馬を考えると、若手が台頭して絶対的なエースがいる巨人か、メッセンジャーが絶好調でしぶとい戦いを続ける阪神、はたまた投打に若手の成長が著しいDeNAか。広島としては、ナゴヤドームで1勝5敗と後手を踏んでいる中日も嫌な存在だ。

だが、最もカギになるのは交流戦だろう。2016年は11勝6敗1分け、2017年も12勝6敗と他のセ・リーグ球団が苦しむ中で貯金を増やすことに成功し、その後のペナントレースに勢いを付けた。今年の交流戦は5月29日から。いきなりパ・リーグ首位を走る西武と三次、マツダで計3試合を行う。この3連戦の勝敗が、広島の3連覇の行方を大きく左右するかも知れない。

リーグ3連覇への道はそう簡単なものではない。“快走”と言い切れるかどうかは、少なくとも交流戦を終えてからにした方がいいだろう。

(※引用元 AERA dot.

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

カープは、一軍帯同選手に新人ゼロ!高卒から名選手へ、奇跡の育成力

カープは、一軍帯同選手に新人ゼロ!高卒から名選手へ、奇跡の育成力

球春到来――。 2月1日からプロ野球の春季キャンプが始まる。ユニホームを着た選手たちの姿に、プロ野球のシーズンの幕開けを感じる。 特に新戦力や若手の話題が豊富で希望に溢れたこの時期は、12球団すべての …

菊池『帽子のつば真っ平ら問題』を考える、プロ野球選手の帽子が変化

菊池『帽子のつば真っ平ら問題』を考える、プロ野球選手の帽子が変化

4月3日のカープ対スワローズ戦。4回裏スワローズの先頭打者・中村悠平の打球はセカンドゴロになった……と書けば普通だが、菊池涼介がセカンドを守っていなければライト前ヒットになっていたであろう。その守備範 …

堂林、護摩行再挑戦!背水来季へ炎の決意、新井と『師弟トレ』続ける

堂林、護摩行再挑戦!背水来季へ炎の決意、新井と『師弟トレ』続ける

広島・堂林翔太内野手(26)が21日、秋季キャンプを打ち上げ、今オフも2年連続で新井に弟子入りすることを明かした。年明けの護摩行の参加も決意。今キャンプでは朝から夕方までバットを振り続け、手応えをつか …