カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

フランスア完封宣言!26日・中日戦にプロ初登板、23年ぶり快挙へ

2018年5月25日

フランスア完封宣言!26日・中日戦にプロ初登板、23年ぶり快挙へ

20日に育成枠から支配下選手契約を結んだ広島のヘロニモ・フランスア投手(24)が24日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加し、プロ初登板初先発となる26日の中日戦に備えた。ドミニカ共和国のカープアカデミー出身投手で、初登板初先発初勝利を挙げたのは球団では95年のチェコのみ。23年ぶりの快挙を目指す。

雲ひとつない空の下、フランスアが左腕を振った。マツダスタジアムのマウンドに上がると、本番を想定して登板前最後の投球練習。カーブ、チェンジアップなどの変化球を交えながら53球。26日・中日戦でのプロ初登板初先発へ向けて調整した。

「(マツダのマウンドは)昔、一度だけ投げたことがある。シート打撃でルナとエルドレッドと新井さんに投げたんだ。投げやすく好きだね。気持ちが良かった」。気温24度。初夏を思わせる暖かさに、額には自然と汗がにじんだ。

14年9月に練習生として初来日。今年3月に育成選手となり、ウエスタンで8試合に登板し2勝1敗、防御率2・57の成績を残して20日に念願の支配下契約を結んだ。

「右打者の内角に入ってくるボールが良い。来たときは、ブルペンでは良い球を投げるけど、実戦になると四球。それがなくなった」と畝投手コーチ。制球難を克服し、1軍マウンドを勝ち取った。

フィールディング、ベースカバー、けん制…。試合の中ではさまざまなことが求められる。来日当初は投げることで精いっぱいだったというが、転機は16年に四国ILp・高知に派遣され、数多くの実戦を積んだこと。「いろんな経験ができた」。クイックも今では1・2秒台前半。投手としての基礎を身に付け、総合力もアップさせた。

ドミニカ共和国カープアカデミーは1990年に開校。同校出身選手で、プロ初登板初先発を初勝利で飾ったのは、球団では95年のチェコのみ。「もちろん、九回まで投げたい」と完封勝利にも意欲を示した。

「喜んでいたよ」。母国で暮らす母のロレーナ・マルティネスさんや16年に結婚した妻サンドラ・バルデスさんには、電話で初登板を伝えた。「初めてだから緊張すると思う。でも、自分のペースでテンポ良く投げたい。自分の仕事をすることだけを考えたい」。海を渡って4年。夢をかなえる第一歩を踏み出す。

(※引用元 デイリースポーツ

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

首位快走も…先制点フイする『エース・野村』に、カープナイン不信感

首位快走も…先制点フイする『エース・野村』に、カープナイン不信感

またかよ――。 26日のDeNA戦に先発した広島の野村祐輔(28)がピリッとしない。初回にもらった3点をすぐに吐き出し、試合をもつれさせた。 広島が3試合連続で初回に先制した。 プレーボール直後に連打 …

美間とSB・曽根のトレードが成立!美間「まさかという感じでした」

美間とSB・曽根のトレードが成立!美間「まさかという感じでした」

広島・鈴木清明球団本部長が22日、美間とソフトバンク・曽根のトレードの狙いを明かした。 「二遊間に何かあった時のため。(曽根は)守備はどこでも守れる。高校時代にキャッチャーもやっていたし、外野もできる …

練習の虫・鈴木誠也が明かす…、高校時代は「練習が大嫌いだった!」

練習の虫・鈴木誠也が明かす…、高校時代は「練習が大嫌いだった!」

早ければ8日にも優勝マジックが点灯する広島。チームで中軸を任されている鈴木誠也(23)が5日、DeNA戦で左翼スタンド上段に突き刺さる17号本塁打を放った。 この日は夏の全国高校野球が開幕。母校の二松 …