カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

サヨナラ勝ちで新井監督の姿に「あんなにはしゃぐ監督見たことない」

2023年4月16日

初サヨナラ勝ちで新井監督の姿に注目 「あんなにはしゃぐ監督は…」

監督とは思えないほど、我を忘れたようにサヨナラ勝ちを喜ぶ指揮官も珍しい。広島は15日ヤクルト戦の9回2死から、秋山翔吾外野手(34)が逆転サヨナラ2ランを放った。

ホームベース付近で待ち構えるナインの歓喜の輪に、新井貴浩監督(46)もベンチから飛び出して駆けつけていた。到着を待ちきれないといった様子で、その場で小躍りするように跳びはね、秋山が生還すると抱き合って喜びを爆発させた。

試合後「興奮して覚えてないですね。打った瞬間『行け!行け!』って思っていた。すごかったですね」と新井監督。よくある光景として、ヒーローをベンチで待つような従来の監督とは違う。現役時代からの愛されキャラそのままに、選手と喜びを一緒に分かち合うのが新井さん流だ。

SNS上でも「あんなにはしゃぐ監督見たことない」「選手以上に喜ぶ姿がかわいい」「喜び方が現役の時と変わってない」などと話題になった。一方で、新井監督が得点時にガッツポーズして喜ぶことについて「阪神の矢野燿大・前監督と似てないか」という意見も出ている。

矢野監督といえば阪神前監督時代、「矢野ガッツ」と呼ばれる派手なガッツポーズを連発することで、チームの士気を高めようとした。ただ喜怒哀楽を前面に出す采配はもろ刃の剣でもあり、一部には賛否両論あったことは確か。監督の行動や言動によって、チームの雰囲気はガラリと変わる。

就任1年目の新井監督は開幕4連敗スタート。一時はどうなることかと心配されたが、選手の力を信じてロースコアの展開に持ち込み、粘り強い戦いで貯金生活へとV字回復させた。

シーズンまだ先は長いが、月間2度の雨天コールド勝ちという不思議な運を「持っている」のも強みだ。感情を出し、選手と近い距離で、選手とともに歩む新しい監督像を築いてほしい。

(※引用元 CoCoKARA

関連記事

「ありえない判断ミス」、松山竜平「お粗末プレー」連発に鯉党呆れ…

「ありえない判断ミス」、松山竜平「お粗末プレー」連発に鯉党呆れ…

プロ野球の広島がミス連発で大敗を喫した。 広島は2021年4月8日、神宮球場でヤクルトと対戦し7-11で敗れた。初回、ヤクルト先発・奥川恭伸(19)から4点を奪ったものの、その裏に同点に追いつかれ3回 …

小園はなぜ1軍に上がれないのか…不可解な昇格見送りにファン不信!

小園はなぜ1軍に上がれないのか…不可解な昇格見送りにファン不信!

プロ野球広島の小園海斗内野手(20)の1軍昇格が見送られた。 今季2軍で開幕を迎えた小園は2021年4月20日に今季初めて1軍に合流。試合前練習に参加し、1軍昇格かと思われたが昇格は見送られた。21日 …

故障者続出でもカープ首位のワケ/『同世代トリオ』の競争が原動力!

故障者続出でもカープ首位のワケ/『同世代トリオ』の競争が原動力!

リーグ3連覇を狙う広島に故障者が続出。6日のヤクルト戦(神宮)は延長11回サヨナラ負けを喫したが、それでも首位を堅守しているのはさすがだ。 ベテラン・新井貴浩内野手(41)は左腓腹筋挫傷のため開幕から …