カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

チーム屈指の愛されキャラ、野間の成長!「いじり」筆頭の新井が語る

2018年6月11日

チーム屈指の愛されキャラ、野間の成長!「いじり」筆頭の新井が語る

広島野間が、課題だった打撃で進歩を見せている。6日の日本ハム戦では野球人生で初めてというサヨナラ打まで放った。

チームで屈指の愛されキャラ。同僚からのいわゆる「いじり」が多いのだが、その筆頭格が新井だ。例えばティー打撃のボール拾いをして、ぺこぺことお辞儀。見ているこっちもニヤニヤしてしまう。野間の成長をどう思っているのか。

「そりゃうれしいですよ。野間に限らず、頑張ってる若手がああやって結果を出すのはね。野間に関して言えば、打席での“何とかしよう”という気持ちが伝わってくる。厳しい球を不格好でも食らいついてファウルにしたりね。簡単に三振しないでしょ?」

確かに最近の野間は、粘り強い印象が強い。2ストライク後の打率は軒並み高い。0-2(打率1割4分3厘)をのぞけば、1-2が4割5分、2-2が3割5分3厘、3-2が3割と、すべて3割以上。いわば崖っぷちに強い男なのだ。

野間は「必死なんで」と言うが、これが通算打率3割台半ばのハイアベレージにつながっている。

新井は続ける。「フォームのメカニック的にも良くなってるということでしょうね。ああいう必死な姿を見て、他の若い選手も『負けないように』となる。それがいい相乗効果になるんじゃないですかね」。

野間をいじって笑いが生まれるほほえましい光景が、これからも多く見られそうだ。【広島担当 大池和幸】

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

サードの一番手に小園が浮上、左翼は野間とピレラの争いになるか?!

サードの一番手に小園が浮上、左翼は野間とピレラの争いになるか?!

猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で開幕は延期になったが、いずれの球団も来るべき時に備えて準備を進めている。果たして、広島の野手陣はどのような陣容で開幕を迎えるのか。一軍で出場機会を得られそうな選手 …

赤ヘル伝説のエース・外木場が語る…現代野球について投手の理想とは

赤ヘル伝説のエース・外木場が語る…現代野球について投手の理想とは

3度のノーヒットノーランを達成した男、元広島・外木場義郎氏(74)=野球解説者=が現代の先発投手についてもの申した。 「私の時代は先発投手は責任を持って最後まで投げ切るのが当たり前だった。今は分業化が …

最下位カープに疑問「監督が変わればここまでチームが悪くなるのか」

最下位カープに疑問「監督が変わればここまでチームが悪くなるのか」

佐々岡真司新監督率いる広島が最下位に低迷している。昨年は14勝10敗1分けと“お得意様“にしていた巨人に負け越して借金は「6」。一番の低迷理由はブルペンの崩壊だ。チーム救援防御率の5.23はリーグ最下 …