カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

チーム屈指の愛されキャラ、野間の成長!「いじり」筆頭の新井が語る

2018年6月11日

チーム屈指の愛されキャラ、野間の成長!「いじり」筆頭の新井が語る

広島野間が、課題だった打撃で進歩を見せている。6日の日本ハム戦では野球人生で初めてというサヨナラ打まで放った。

チームで屈指の愛されキャラ。同僚からのいわゆる「いじり」が多いのだが、その筆頭格が新井だ。例えばティー打撃のボール拾いをして、ぺこぺことお辞儀。見ているこっちもニヤニヤしてしまう。野間の成長をどう思っているのか。

「そりゃうれしいですよ。野間に限らず、頑張ってる若手がああやって結果を出すのはね。野間に関して言えば、打席での“何とかしよう”という気持ちが伝わってくる。厳しい球を不格好でも食らいついてファウルにしたりね。簡単に三振しないでしょ?」

確かに最近の野間は、粘り強い印象が強い。2ストライク後の打率は軒並み高い。0-2(打率1割4分3厘)をのぞけば、1-2が4割5分、2-2が3割5分3厘、3-2が3割と、すべて3割以上。いわば崖っぷちに強い男なのだ。

野間は「必死なんで」と言うが、これが通算打率3割台半ばのハイアベレージにつながっている。

新井は続ける。「フォームのメカニック的にも良くなってるということでしょうね。ああいう必死な姿を見て、他の若い選手も『負けないように』となる。それがいい相乗効果になるんじゃないですかね」。

野間をいじって笑いが生まれるほほえましい光景が、これからも多く見られそうだ。【広島担当 大池和幸】

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

緒方監督が、リーグ3連覇しても『名将』と呼ばれない本当の理由とは

緒方監督が、リーグ3連覇しても『名将』と呼ばれない本当の理由とは

「勝ってオールスター休みに入りたかったけどね」 引き分けを挟んで、20年ぶりの11連敗で前半戦を終えた広島カープの緒方孝市監督の試合後のコメントだ。そのあとに続けたのが、「1回また体、そして気分的にも …

先発候補から抜け出すのは誰?気になる栗林の『起用法』と小園の開花

先発候補から抜け出すのは誰?気になる栗林の『起用法』と小園の開花

「球春到来」。2月1日、2021シーズンのプロ野球キャンプがスタートする。コロナ禍でまだまだ不透明なところも多いが、この時点は全球団が“横一線”、どのチームも優勝のチャンスがある。だからこそ、春季キャ …

松田オーナー、『投壊』も慌てず騒がず「交流戦は五分五分で御の字」

松田オーナー、『投壊』も慌てず騒がず「交流戦は五分五分で御の字」

広島が苦戦している。交流戦は2勝4敗と2カード連続で負け越し、6試合での44失点、防御率6・79はともに12球団ワースト。最近8試合中7試合で7失点以上と投手陣が壊滅的だ。リーグ3連覇への雲行きが怪し …