カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

チーム屈指の愛されキャラ、野間の成長!「いじり」筆頭の新井が語る

2018年6月11日

チーム屈指の愛されキャラ、野間の成長!「いじり」筆頭の新井が語る

広島野間が、課題だった打撃で進歩を見せている。6日の日本ハム戦では野球人生で初めてというサヨナラ打まで放った。

チームで屈指の愛されキャラ。同僚からのいわゆる「いじり」が多いのだが、その筆頭格が新井だ。例えばティー打撃のボール拾いをして、ぺこぺことお辞儀。見ているこっちもニヤニヤしてしまう。野間の成長をどう思っているのか。

「そりゃうれしいですよ。野間に限らず、頑張ってる若手がああやって結果を出すのはね。野間に関して言えば、打席での“何とかしよう”という気持ちが伝わってくる。厳しい球を不格好でも食らいついてファウルにしたりね。簡単に三振しないでしょ?」

確かに最近の野間は、粘り強い印象が強い。2ストライク後の打率は軒並み高い。0-2(打率1割4分3厘)をのぞけば、1-2が4割5分、2-2が3割5分3厘、3-2が3割と、すべて3割以上。いわば崖っぷちに強い男なのだ。

野間は「必死なんで」と言うが、これが通算打率3割台半ばのハイアベレージにつながっている。

新井は続ける。「フォームのメカニック的にも良くなってるということでしょうね。ああいう必死な姿を見て、他の若い選手も『負けないように』となる。それがいい相乗効果になるんじゃないですかね」。

野間をいじって笑いが生まれるほほえましい光景が、これからも多く見られそうだ。【広島担当 大池和幸】

(※引用元 日刊スポーツ

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

『カープらしさ』の始まりは、高橋慶彦の現実離れした『アニメ感』

『カープらしさ』の始まりは、高橋慶彦の現実離れした『アニメ感』

7月4日の対スワローズ戦、初回からカープ自慢のタナキクマルが躍動した。まず1番・田中広輔が東京ヤクルトの先発・ブキャナン投手の初球を叩いてレフトスタンドに打ち込む先頭打者本塁打。2番の菊池涼介が左中間 …

主力不在も、なぜ首位快走?大野豊氏「連覇の自信が投打へ好影響」

主力不在も、なぜ首位快走?大野豊氏「連覇の自信が投打へ好影響」

交流戦を前に、ダンゴ状態のセ・リーグから頭一つ抜け出そうかという状態の広島(24日終了時点で2位巨人と4.5差)。ここまで、鈴木誠也や丸佳浩、野村祐輔といった主力選手を欠く場面がありながらも、この位置 …

分厚い選手層で、首位独走!リーグV3確実のカープ支える育成の秘密

分厚い選手層で、首位独走!リーグV3確実のカープ支える育成の秘密

「広島との差は当分、縮まらないかもしれない」ライバル球団のコーチは、首位を独走する広島についてこう言った。 7日の中日戦に快勝した広島は、最短で9日にも優勝マジックが点灯する。もはや3連覇を疑う余地は …